Read more

1964ears/64Audio A6 レビュー ~V → A アップグレードのススメ~

耳を密閉して、騒音下でも十分な遮音性を確保する目的で制作されるカスタムIEMには避けられない問題...鼓膜にかかる空気圧による難聴の対策として、イヤホンの中に代理の鼓膜を設けるという革新的な技術「apex (Air Pressure Exchange)」を提供しているのが64 Audio。しかしつい昨年くらい、空気圧を入れ替える技術がなかった頃は、1964earsという名前で活動していました。で、その時に販売していたV-◯(ドライバ数)シリーズのIEMの...