スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1964earsから真・ADELモジュール(Auto版)が届きました

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の愛機である1964earsのカスタムIEM・

ADEL A10
↑クリックするとレビューへ!

に欠かせない部品であるADELモジュール↓

Original.jpg

これはユーザーの耳の形に合わせて空気圧の排出量を自動調節してくれるという、プラスチック造りの若干安っぽいボディからは想像もつかないほどにハイテクなパーツです。

しかしこのプラスチック製のモジュールは実は完全体ではなく、完成版ができるまでのいわば「つなぎ」として作られたものだと当初から公式に言われていました。

そのためADELのカスタムIEMライン・A-SeriesをKickStarterにて購入した人々の手元に配布されていたのはこの「つなぎ」の自動調節モジュールのみ。

完成版となる、ユーザーが自分でADEL機構の開放具合を調節できるタイプのモジュールを後日別送するというアナウンスがされていましたが、それも当初の予定から約3か月ほど遅れて、10月現在、未だ発想の具体的な日程は発表されていません。

しかし8月にある発表が。
なんとこの自動調節型モジュールがアルミニウム製にアップグレードされ、9月以降に発想されるユニバーサルライン・U-Seriesの製品には全てこの新バージョンモジュールとともに発想される、というのです。

おおー素晴らしい! 見た目もカッコよくなるし頑丈になるし最高だね!...ん、いや待てよ?
「これから発想されるU-Seriesには付きます」ということは、既存のA-Seriesユーザーはどうすればいいの??

疑問に思った私が1964earsの公式サイトを訪れてみると...

あ、あったーーー!!!

アクセサリーのところに追加されているではありませんか、

ADEL AUTO MODULES
↑クリックで公式サイトへ

という新商品が。
A-Seriesのユーザーには無料配布の予定などについて何の連絡も入っていないので、これはつまり「欲しけりゃ買えよ」っていうことなんだな、と確信した私。

そうか、わかったよ。俺の負けだよ。仕方ない、買ってやろうじゃねーか!!
...ってほんとは、シドニー旅行の往路のフライト中にいじっててモジュールを失くしちゃったから泣く泣くなんですけどね...がっくり。


ということで10月1日、公式サイトから注文をかけ、本日10月5日に我が家へ到着致しました。
まずは外観から見ていきましょう↓

IMG_1971.jpg

こちらが外側! か、カッコいい...

さすがにプラスチック製のモジュールよりはかなりしっかりとした造りになっていて、フェイスプレート上の突起部分も低くなって目立ちにくくなっています。


IMG_1970.jpg

逆側から見たところ。
擬似鼓膜の役割を果たす膜の部分の素材も変わっているのかなと思いきや、特に変わっている様子はありませんでした。まあそりゃそっか。

IMG_1973.jpg

実際にカスタムIEMに付けてみたところ。
さすがにプラスチックを付けていた時よりはずっしりとした高級感がありますね。

こんな感じで、見た目としては以前のものよりもかなりカッコよくなるので気分は上々。

あと気になるのが、以前までのプラスチック製のものと比べて、音や使用感に変化は出るのか?ということですね。
ということで、ちょっとだけ使ってみた中で感じた変化を箇条書きにしてみましたので、参考にしていただければこれ幸い。




① 遮音性が上がった?

以前のプラスチック製モジュールは先端のところだけではなく外側に露出しているところのほぼ全てのところから空気が通り抜けできるような造りになっており、そのおかげか音ヌケの良さはBAイヤホンの常識を覆すほど。

しかしその分、風の強い日に外で使う際などは、イヤホンに風切り音が激しく入り込み、あまり音楽に集中できないこともあるというのが難点でした。

けれどこのアルミ製モジュールでは、空気の出入り口は先端に空いた小さな穴一点のみ。
そのためか風切り音は以前のものよりも気にならなくなり、外から聞こえる音も小さくなったように感じます。




②汚れにくそう

写真では分かりづらいのですが、以前のプラスチック製モジュールは、もともと色が透明というのもあってか、普通に外で使っていただけでもかなり茶ばんできてしまっていました。汚い! でもこれは避けられぬ運命。我慢するしかないなあ...と思っていましたが、

このアルミ製モジュールはかなり丈夫で汚れにくそうです。
少なくとも黄ばんできたりはしないですよね? ね!?




③音が濃くなった?

①で書いたように、このアルミ製モジュールは、空気の出入り口がプラスチック製モジュールと比べてかなり小さく、先端の部分に空いている穴の一箇所しかありません。

そのためか、アルミ製モジュールを付けて初めて音楽を聴いた時には、若干音が濃くなって、音場が狭く...というか、全体の音が前よりも近くなったように感じました。

プラスチック製モジュールを使っていた時のあの圧倒的なヌケの良さが、このアルミ製モジュールのユーザビリティとトレードオフとなってしまっているというのは少し悲しいですね。




...といったところでしょうか。
見た目はカッコよくなるし遮音性も上がるけれども、その分音にに関しても若干の影響がありますよ、という感じ。
どちらを好むかはその人次第。私のようにもともとのモジュールを失くしてしまったという人以外は、2つとも持っておいて違いを楽しむのも面白いかもしれませんね!

そして今後は、ユーザー自身で開放具合の調節ができるモジュール、イヤホン用の新ケース、そしてマイク付きのケーブルが送られてくる...はずなんですが、U-Seriesのアップデートを見ていた時に不穏な文章を発見してしまいました。

"Adjustable via ADEL™ Manual Module (doesn't come with your shipment, can be purchased later as add on)"
訳:「調節可能なモジュールは荷物に付随してきません。後日追加購入ができるようになります。」

ん!? あれあれ!? 前は「完成次第無料で送ります」って言ってなかったっけ!?
もしかしたらA-Seriesのユーザーには無料で送られてきて、U-Seriesのユーザーは自身で購入が必要、ということなのかもしれませんが... いやはや、せめて最初の約束は守ってほしいものですね。

ということで、調整機能付きモジュールや新ケースなどはしばらくしたら届く予定なので、また届いたら写真などアップしてみようと思いますのでお楽しみに。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 2015/10/15 (Thu) 15:25
    名無し #- - URL
    初めまして

    初めまして、A10のレビューを読ませていただきました。カスタムiemの購入を検討していてどれが良いかを探していた所、ここのブログに辿り着きました。
    ここのレビューを読んでからかなりA10に心を惹かれています。
    少しお聞きしたいのですが値段を考えずA10とA12どちらかを選べるとしたらどちらを選びますか?
    僕は高音よりのニュートラル系の音が好みなのでA10が良いと思っていたのですが(A12と比べて値段も200ドル安いし)しかし他のサイトでA10は低音が一部削ぎ落とされたような貧弱な音になってロックとは合わないと聞きました。A12は逆に低音が過多(僕の求めているよりは)の可能性もあるので。日本はまだ未発売なので試聴しようにもすることができず少々困っています。
    ここのブログでは低音も充分出ていると言われていましたが、やはり高い買い物なので少し神経質になっています。
    長々とすみません。個人ブログを知恵袋みたいに利用して申し訳ないのてすが返事を頂けると幸いです。

  • 2015/10/15 (Thu) 15:54
    UC #- - URL
    Re: 初めまして

    名無しさん、コメントありがとうございます!

    私はA12を持っていなくて、試聴も5月のヘッドフォン祭で3分くらいしただけなのであんまり詳しいことは言えませんが...
    個人的な感覚だと、A10は若干中高域寄りのニュートラル、A12はもうちょっと中低域寄りでウォームな感じかな?と。
    今もしどっちか選べと言われたら、やっぱりA10を選びますかね? 他の所有機種とキャラが被ってないので。

    今9個くらいカスタムIEMを持っているんですが、使用頻度だとA10>>EarSonics EM32>>>UERM>>>>>>その他って感じなので、かなり気に入っています。

    A10は確かにUERMを除いた他の所有機種よりは低域少なめですが、個人的にはこれくらいあれば十分です。逆にギターやシンセのメロディが引き立って個人的にはこれくらいがベストバランスかな、と。
    私は洋ポップ/ロックにEDM、カントリーやヒップホップその他諸々オールジャンル聴くんですが、個人的にはどれを聴いても不満はないですかね。
    ただ、どこの音域がどれくらい出てるか〜っていうのは個人の感覚や好みが大きいと思うので、あくまで一つの意見として参考にしていただければ幸いです...

  • 2015/10/15 (Thu) 16:50
    名無し #- - URL
    ありがとうございます

    早いお返事ありがとうございます。
    相当数のカスタムiemを持っているようですし、A12を試聴した記事も書いていたので詳しいかな?と思ったのですが確かに5月の記事でしたし少し難しい質問をして申し訳ないです。
    それにもかかわらず真面目に答えていただいて本当にありがとうございます。

    特徴を聞く限りA10の方が僕の好みに近い感じはします。確かに仰る通り低音が少ない分他の音が引き立つし、スッキリしていて逆に聞きやすい時もあるかもしれませんね。
    すみません、もう一つ質問したいんですがボーカルの位置はどうでしょうか。ボーカルの声が近い方が好みですけど。

    やはり人の好みはもちろん、自分自身の好みでさえ気分によって変わったりしますし、あくまで一つの意見として参考にさせて頂きます。しかし本当に参考になりました。
    やはりイヤホンは複数持ちがベストですね。僕は今回が初カスタムiemなので、9個もciemを持っているなんて羨ましい限りです。

  • 2015/10/15 (Thu) 22:05
    UC #- - URL
    Re: ありがとうございます

    名無しさん

    A10はヴォーカルはかなり近くて聞き取りやすいと思います。
    全体的に音像もすっきりしていて聴きやすいのも特徴の一つですかね。

    決して安い買い物ではないので、慎重に選ぶに越したことはないと思います。いいお買い物ができるといいですね!

  • 2015/10/15 (Thu) 23:02
    名無し #- - URL
    No title

    ありがとうございます。
    話を聞く限りA10は僕の好みにドンピシャです。
    おかげさまでA10買うことを決心できました。
    adelテクノロジーなどにも興味がありますし、決して買って失敗するという事は無さそうなので。
    本当にありがとうございます。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。