WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT 感想 Perfumeの3人に3億点、映画としては30点

このエントリーをはてなブックマークに追加

kjbvqawfd.jpg

オススメ度: ★★


あらすじ


結成15周年を迎えなお人気の衰えを知らないテクノポップユニット・Perfumeは、2014年から2015年にかけてアジアをはじめヨーロッパやアメリカを回るワールドツアー・WE ARE Perfumeを決行。

最新鋭の演出と息の合った完成度の高いダンス、そして彼女たちの素朴な人柄が世界中のファンを魅了し、最終的には9万5千人を動員するという大成功に終わったツアーの裏側に迫る。

iahsdvk.gif

感想


Perfumeの音楽を初めて聴いた時のことは、今でもはっきり覚えています。
あれは2008年1月にお馴染み「Music Station」で彼女たちが"Baby Cruising Love"を披露した時のことでした。

不思議ちゃん度満開のトークに、カクカクした不思議なダンス。日本じゃ殆ど聴いたことのないオートチューン全開のヴォーカルに、電子音がピコピコ鳴ってる新しいサウンド。

まだ「EDM」と呼ばれるジャンルが完全なる市民権を得る前だった当時、J-popはもちろん、アメリカやイギリスで流行っていた音楽とも異なっていた独特の音楽性は、当時高校2年生だった私の目と耳に強いインパクトを残しました。

Mステでのパフォーマンス以降本格的なブレイクを果たした彼女たちは私の学校でも話題の的。

クラスの男子間ではあーちゃんかしゆかのっちという3人のメンバーのうち誰派か、という話がランチタイムを盛り上げてくれたのを覚えています。

そんな彼女たちも、なんと結成15年

日本で不動の人気を築いた彼女たちの次の挑戦の舞台は、世界です。

2014年から2015年にかけてアジア、ヨーロッパ、そして彼女たちの憧れの舞台であったアメリカなど様々な国を回ったワールドツアー・の裏側に密着した待望のドキュメンタリーがこの映画、「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」なのです...が...

uhkjvbsas.gif

もう最初にはっきり言っちゃいましょう。
この映画、ドキュメンタリーとしてはつまらないです

Perfumeの3人からは、ここまでの人気者なのに飾ったところが全くなし。

どのライブ会場でも「自分たちのためにこんなに多くの人が集まってくれるなんて!」とまるで信じられないことような反応をし、時には涙を流したり。

常にファンへの感謝を忘れない姿勢が伝わってきます。

あんなに謙虚に、でも貪欲に挑戦を続ける彼女たちを見たら、誰もが好きにならずにはいられないでしょう。

そして、最新鋭の映像技術を駆使したライブも確かにすごい!

どうやってやってるのかは全くわからないけれど、今はやりのプロジェクションマッピングなどに映し出される彼女たちの姿には、神々しさすら感じられます。

この映画では、そんなライブの製作過程を基本に、メンバーのインタビューや現地のファンからのコメントを織り交ぜながら、ツアーがいかに大成功だったかを伝えようとしているんですが、全部の会場の映像が、どうも代わり映えしないというか。

Perfumeのメンバーが会場に到着する→現地の観光地を楽しむPerfumeの姿が流れる→ライブ会場に集まるファンが、いかにPerfumeを好きか語る→ライブの映像がダイジェストで流れる→Perfumeが感動する

...という一連の流れを会場を変えて繰り返すだけなので、映画として観ちゃうとイマイチ盛り上がりに欠けます。

じゃあせめてパフォーマンス映像を織り交ぜてメリハリをつけ、Perfumeのパフォーマンスがいかにすごいかを見せつけてくれるのかと思いきや、挿入されるパフォーマンスの尺は、なんと1曲あたり約30秒程度。ファッ!?

しかもカメラワークも、「どう考えたってライブDVDにこの映像は使わないでしょ?」と言いたくなるような、舞台袖から後姿だけが見えるような角度ばかりだったり。

せっかくのダンスの魅力が全然伝わってこないんですよね。

しかも流れる曲も、会場ごとに変わるのかと思いきやほとんど変わらず。特に、オープニング曲の"Enter the Sphere"なんて何回見せられればいいんですか?

フルで流れるのなんて、ラストの"My Color"くらいのもので、他の曲は「ああん、ここからがいいところなのにい!」というタイミングで突然切れちゃうもんだから、終始やきもきしっぱなしです。

そんな感じで映画としては非常につまらなかったんですが、Perfumeの3人には何の罪もないんです。

正直今まで、Perfumeは楽曲は好きだったけれども本人たちの人柄とかライブの様子については知識が皆無だったのですが、この映画を観て、謙虚で飾らない彼女たちのことが大好きになっちゃいました。
指先一本の動きまでがぴったりな彼女たちのダンスは、やっぱりいつ見ても息を飲むような美しさですしね。

ラストで語られる「2年以内にマジソン・スクエア・ガーデンをいっぱいにする!」という野望、感動しました。

ここまで世界中のファンから愛されるPerfumeの3人ならきっとできると思います! 夢に向かって頑張る彼女たちのことを、これからもみんなで応援し続けましょう!

...ただ次にドキュメンタリーを作る時には、彼女たちの実力に見合った、もっとマシな製作陣を選びましょうね。





ちなみに私の個人的なお気に入り曲は、2006年リリースのシングル「コンピューターシティ」です。キラキラとしたポップ感と、ピコピコ感とガツガツさが共存したサウンドが気持ちいい!



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

  • 2015/11/04 (Wed) 13:26
    #- - URL
    No title

    ドキュメントとして本当にファンがみたい部分がうつされていたとおもいますよ
    ライブ映像はライブBDみればいいはなし
    いままでPerfumeがすべてはみせてこなかった裏の部分
    すべてをさらけだした作品なわけで、ドキュメントとしては
    これこそがドキュメントじゃないでしょうか?

  • 2015/11/04 (Wed) 14:09
    ヤタ #- - URL
    No title

    舞台袖からの、チームPerfumeからの視点が見れて、僕は新鮮でした。
    それとそれぞれの国、会場でのEnter the Sphere を見比べるって狙いで意図的にそこを映してるんじゃないですか?
    全体的に情熱大陸とアナザースカイを足したような感じでしたね。
    ドキュメンタリーとしては100点ですけど、ストーリーとしては30点ってことですかね。
    まぁ本人たちもストーリー性はない作品と言ってましたからね(笑)

  • 2015/11/04 (Wed) 21:51
    UC #- - URL
    Re:

    コメントありがとうございます!

    私はPerfumeの音楽は2007年までのシングル曲と、2008年以降のシングル/アルバムを一応全て聴いているので彼女たちの音楽は間違いなく大好きなんですが、

    反面メンバー3人の人柄などにはあんまり興味がなかったので、いわゆる「ファン」の方々とはまた目線が異なってしまったのだと思います。

    ただの映画・音楽好きなPerfume初心者としては、もうちょっとパッとPerfumeの魅力がわかりやすいものが観たかったかな、と思ってしまったのでこんな感想になりました。

    ファンの皆さんにとっては、Perfumeの3人がどれほど世界に愛されているかというのを実感出来る、また彼女たちの奮闘が見られる良い映画になっているということではないでしょうか。

  • 2015/11/10 (Tue) 23:55
    のこ #- - URL
    No title

    こんばんは!「WE ARE Perfume 感想」で検索して、拝見させていただきました。
    わたしも同じく"Baby cruising Love"からすっかりPerfumeにハマってしまった一ファンです。
    わたしが映画を見て思ったことは「まぁこんなもんか…ファンクラブのmovieの延長っぽいな」という感想です。
    比べてはいけませんが、某グループのドキュメンタリーの方がストーリーの中に、仲間同士のぶつかりや葛藤などメリハリがあって、ファンではない方やあなたのような三人の人間性に興味がない人は楽しめるかもしれません。
    WE ARE Perfumeは結成からワールドツアーまでの軌跡ではなく、ワールドツアー3rdのドキュメントだったので、一応三人の関係についてインタビューでちょいちょい入れながらも、メインはツアーをどう作り上げたかに重きを置いてました。
    なので本編はライブDVD買ってください!的な感じでライブ中の映像はオープニングのみだったのかなと思っています。
    三人ももう15年の付き合いだし、20代後半なので言っていいことや、引き際など考えていて、ぶつかることもあまりないと思いますし、ずっと各公演の様子の繰り返しでメリハリがはっきりなかった為こんな感想になっちゃうのかなと思いました。
    でも海外のファンの方のインタビューで感極まって涙するところは、わたしもファンとしてその気持ちが分かるからこそ泣けてきました(笑)
    ファンクラブのmovieなどでは、メイキング映像などの裏側が少しアップされるので、それをちょっと詳しくして、いつも動画の豪華版のような印象になりました。
    映画を観て損はなかったと思いますが、想像と違うPerfumeの3人の姿が見れれば面白かったかもしれません。逆にそれが見れなくても、裏表がなくて良い人たちなんだなで平和に終わる映画でした。
    なんか何が言いたいかわからなくなって無駄に長々と書いてしまいました…すみません(・・;)
    Perfumeがマジソンスクエアガーデンでライブ出来ますように!!!!

  • 2015/11/11 (Wed) 03:03
    UC #- - URL
    Re: No title

    のこさん、コメントありがとうございます!

    やっぱりライブの映像なども見慣れていらっしゃるファンの方にとっては、夢に向かってひたむきに頑張るPerfumeの姿が見られることで満足できる映画になっているということでしょうね。

    私みたいに「Perfumeの音楽は好きだけど、グループそのものには興味なかったです」という「ド」が付くほどの初心者からすると、ライブの魅力などをもっと堪能できたりしたらよかったかなあとか、あくまで全国公開の映画だし、映像作品としのメリハリも欲しかったかな、なんて思ってしまったのですが、ちょっと贅沢だったかもですね。

    Perfumeの3人が本当に素晴らしいアーティストだというのはこの映画からも見て取れましたし、Perfumeの3人には日本を代表するアーティストとしてこれからも頑張って欲しいですね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する