ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション (The Hunger Games: Mockingjay Part 2) 感想 今までありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

hiabjdvc.jpg

オススメ度: ★★★★


あらすじ



独裁国家パネムを統治しているスノー大統領(ドナルド・サザーランド)との最終決戦に臨む第13地区の反乱軍。

第13地区のコイン首相(ジュリアン・ムーア)は、パネムの仕掛けた究極のサバイバルゲームであるハンガー・ゲームを2度も勝ち抜いた英雄・カットニス(ジェニファー・ローレンス)を反乱軍の象徴的存在として民衆の士気を高め、忠心都市キャピトルの転覆を狙っていた。

ついにスノー大統領暗殺作戦が発動され、カットニスは、幼馴染のゲイル(リアム・ヘムズワース)、共に第75回ハンガーゲームを勝ち抜いたフィニック(サム・クラフリン)、そして第12地区の代表として第74回、75回ハンガーゲームを共に戦い、お互いに特別な感情を持ち始めていたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)と共に前線に立つ。

だが、彼らの動きを察知していたスノー大統領は、キャピトルの至る所に死の罠を仕掛け、カットニスたちを待ち受ける。
果たしてカットニスたちはスノー大統領を倒し、パネムに平和をもたらすことができるのか...

advhxfj.png

感想


メガヒット・ヤングアダルト小説の実写化として世界中を熱狂させた「ハンガー・ゲーム」シリーズもついに最終作。
独裁政治によって人々を苦しめてきたスノー大統領VSカットニスをはじめとする反乱軍の対決にも決着の時が訪れます。

先に言っておきますと、今回の感想はかなり短めになります。
だって、本編の内容の欠片だってネタバレしたくないんですもん!

近年のシリーズものの慣例(?)に従って前編・後編に分けられたこの「ハンガー・ゲーム FINAL」ですが、
カットニスが反乱軍のプロパガンダとして利用されていく様子を描いた前編「レジスタンス」は、シリーズを有名にしたエキサイティングなアクションシーンがほとんどなかったことから、多くのファンの眠気を誘いました。

しかし今作「レボリューション」ではようやっと反撃開始!
スノー大統領によって仕掛けられた「第76回ハンガー・ゲーム」とも呼べる戦場を、得意の弓とその体一つで駆け回るカットニスの勇姿、そして幼馴染ゲイルやこれまでのハンガーゲームを共に戦ってきたピータの活躍を存分に味わうことができます。

...とは言え、これはあくまで隠密に行われるべき暗殺作戦。
市街地のど真ん中を派手に立ち回って、敵兵をバンバン撃ちまくるわけにはいきません。

彼らの戦いの舞台は地下だったり下水道だったりと、決して華やかなものばかりではないですし、アクションシーンだってみなさんの期待しているほどではないだろうとは思います。

しかし、今作の面白みは単なるアクションシーンの派手さだけではありません。
どこで何をしたら、敵の仕掛けたどんな罠が発動するのか。誰が敵で、誰が味方なのか。何もかも手探りで進まなければならないカットニスたちのたどり着く先が、観客である我々にも全く読めないんです。

だからこそ、約2時間20分にも及ぶ上映時間の間ずっとハラハラドキドキさせられて、続きが気になってたまらなくなってしまうんです。まるで小説のページを次々とめくりたくなってしまうように。あ、これ元々小説ですよね。

ejsfddascv.jpg

主演の3人は相変わらず最高で、
最初は妹を守るためにゲームに参加しただけだったはずが、あれよあれよという間に国家の行く末を担う存在となってしまったカットニスを演じるジェニファー・ローレンスは、言葉一つ一つの発し方から微妙な表示に至るまで、カットニスの葛藤を完璧に演じきっていますし、

それをサポートするのは、スノー大統領の洗脳によって記憶が混乱している中、それまで愛していたはずのカットニスが憎くてたまらなくなってしまったことで苦しむピータを演じるジョシュ・ハッチャーソン、
そして「家族を守りたい」という共通の目的のもとに共に生きてきたはずなのに、次第にカットニスと道を違えていってしまうゲイル役のリアム・ヘムズワースの2人。

彼ら三人の息の合いっぷりは様々なインタビューを見ていれば明らかです。
もうあの三人のやり取りを見られないと思ったら、あれ、目から海水が...溢れて止まらない...

と、とにかく!
結末をここでいうわけでにはいきませんが、シリーズを追いかけてきた人ならば必ず納得できる、しかしこれ以上ないほどの衝撃のラストが皆さんを待っています!

これまでの作品を見てきた人なら絶対に見逃す手はないですし、観たことない人でも大丈夫。
冒頭でこれまでの話をざっくりと振り返るあらすじが流れるので、ある程度は理解できるはずです。
でもやっぱり、今までの作品を観ていない人はDVDでも借りて予習しておくのがいいと思います。これまでの3本もそれぞれが観る価値のある面白い作品ばかりですから。

一つの時代を象徴し、そしてその終わりを感じさせる「ハンガー・ゲーム」衝撃のラストを、ぜひ映画館で目撃してください!



P.S.

もうこういうの見れないんですよ... 3人の事が大好きでした...
またこの3人とフランシス・ローレンス監督で、新しい映画シリーズやりませんか?



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する