メインストリームしか聴かない俺が選ぶ、2015年のベストソング10

このエントリーをはてなブックマークに追加

ydsghbcvj.jpg

当ブログに初めてアクセスしてくださった方のために言っておきます。
このブログは普段、映画や旅行の記事をメインにやっておりまして、音楽系の記事は過去に一回しかやっておりません。

そんな私が、なぜいきなり年間のベストソングランキングなどという記事をやろうと思ったか?
それは、私が遠い昔、音楽ライターになりたいという夢を持っていたからです。

...ああ言っちゃった。恥ずかしい。でも、
①どうしても評論家の皆さんが好きなアート系の音楽(例: Radioheadとか)が好きになれなかった
②音楽と現代の世相や政治を絡めて考えられなかった
③どの音がどの楽器なのかすら聞き分けられない壊滅的な音楽的知識の無さ
っていう理由から自分には向いてなさそうだなって思って諦めちゃったんですけどね。

現在も音楽の情報収集は、US版iTunesストアの売れ筋楽曲上位200曲くらいを辿ったり、Rolling StoneやSpinあたりの雑誌で評価の高かったアルバムを聴いてみたりするのが主なので、本当にポップでキャッチーなメインストリームの楽曲しか聴いていません。

そんな超にわか音楽ファンの私ではございますが、
Justin Bieberがステージ上で泣いてバッドボーイのイメージからの脱却を図ったり、The WeekndとFetty Wapが2015年を生きる若者の超現実的な現実感を代弁してみせたりなど超がつくほどエキサイティングだった2015年の音楽シーンを振り返るべく、2015年のベストソング10曲を選んでみました。ご覧いただければこれ幸い。

それでは早速行ってみましょう!


10位: The Weeknd, "The Hills"




2015年と言えばこの人! とも言えそうなThe Weekndの最新アルバム"Beauty Behind the Madness"からの2ndシングル。

自身のドラッグ愛やセックスへの依存などに由来する、またはそこへ回帰していくきっかけとなる虚無感を描いた世界観がカルト的な人気を博していた彼は、"Beauty〜"からの1stシングル"Can't Feel My Face"の成功によって一気にポップスターへの転身を果たしたわけですが、この"The Hills"はミックステープ時代を彷彿とさせる原点回帰的な楽曲となっています。

インターネットやSNS、さらにパパラッチなど壁に耳あり障子に目ありなこの世の中、朝の5時半に隠れて会い、体の関係でしか愛を感じられない絶望的な恋愛に身を浸す彼は"When I'm f**ked up that's real me (ラリってる時こそが本物の俺さ)"と歌います。

ガチガチに加工された彼のうめき声にも似た歌声からは深い悲しみが伝わってくるようなのに、それが異常なほどキャッチーに響いてくるというのが皮肉です。

「常に感覚を麻痺させていないと自分を保てない」という彼の主張はいかにも2015年的だとは思いませんか。




9位: Carly Rae Jepsen, "Run Away With Me"




"Call Me Maybe"のメガヒットで知られるカナダのスター・Carly Rae Jepsenによる最新シングルは、'80sの香りが全開なサクソフォンの音色が支配する、麻薬チックに甘美なシンセポップ。

"Baby/ take me/ to the/ feeling"と細切れになった超キャッチーなメロディに、スウェーデンのエレクトロポップ・マスターShellbackによるプロダクションが加われば、誰もが曲の開始1秒で無限の彼方へと連れて行かれてしまうこと間違いなしです。




8位: Jack Ü feat. Justin Bieber, "Where Are Ü Now"




ここ最近のJustin Bieberは、天使のような歌声で話題となった5〜6年前の姿からは想像もできなかった飲酒運転で逮捕されるなど、とにかく思いつく限りのおバカな行動でタブロイドを賑わせるゴシップスターと化してしまっていました。

そんな彼を歌手として再認識させるべく救いの手を差し伸べたのは、「ブロステップ」という新ジャンルの生みの親Skrillexと、インディー風エレクトロポップを得意とするプロデューサーDiploがタッグを組んだデュオ、Jack Ü。

常にセンセーショナルなサウンドで世界を魅了するスーパープロデューサー2人と、世界中の女性をとろけさせるBieberの歌声が完璧に混じり合った時に生まれたのは、2015年最も麻薬的に快楽を煽るビートなのでした。




7位: Bully, "Trying"




テネシー州はナッシュビル出身のオルタナバンド、Bullyが送る渾身のシングルは、'90sのロックシーンからタイムトラベルしてきたかのような極上のガレージロックソング。

"I question everything/ My focus, my figure, my sexuality" と誰しもが抱える人生の悩みをストレートに描きつつ、それでも私たちにできることはとにかく「頑張ること (Trying)」だけなんだと、張り裂けんばかりの掠れ声で歌い上げるフロントマンAlicia Bognannoのヴォーカルは、どんなチープなメロドラマよりも心に響いてきます。




6位: Jamie xx feat. Young Thug, Popcaan, "I Know There's Gonna Be (Good Times)"




イギリスの若き天才プロデューサーJamie xxのソロアルバム"In Colours"からの3rdシングルは、ジャマイカンなメロディとアーバンなR&Bサウンドが融合して、なぜか2015年最も晴れ晴れと明るいサマージャムに仕上がってしまいました。

音楽好きだと色々語りたくなっちゃうことも多いと思いますが、いいんです。いいんですよ。こういうパーティジャムを聴く時には、キャッチーなメロディと快楽的なビートに身を任せて、Good Timeを楽しんじゃえばいいんです!




5位: Fetty Wap, "Trap Queen"




片目のラッパーFetty Wapの素晴らしすぎるデビューシングルは、「これぞ2015年!」という要素がてんこ盛り過ぎて、どこから触れていったらいいのかわからないくらいです。

彼女と一緒にマリファナをキメたら、そのまま2人でストリップクラブへ行って、ついにはお揃いのランボルギーニを買う!?

昔だったらそんなカップル考えつきすらしないでしょうが、でも今はそれが"Hey, what's up, hello"という軽い挨拶の言葉並みに自然なものとして扱われているわけです。
そんな狂った時代を象徴するギャングスタなラブソングを、MVに出てくるような小さな子供達がiPhoneで聴くような時代なんだからすごいよなあ。

いずれはこの曲も幼稚園の「みんなのうた」的なコーナーで歌われる日がやってくるんじゃないでしょうか。いやあ、恐ろしい。




4位: Drake, "Hotline Bling"




内省的なラップの火付け役となったラッパーDrakeの最新ヒットは、別れた彼女のことを引きずる男の悲しい独り言をトロピカルなクラブサウンドに乗せて歌ったポップソング。

リリックの内容が男尊女卑的な内容だという議論を生んだこの楽曲ですが、いいじゃない、これくらいの泣き言は言ったって。

だってさあ、あのMadonnaにレイプチックなキスをされたほどのモテ男である彼でもこんなナヨナヨした曲歌うくらいなんですよ?

男って汚いヒゲ面の下は意外と繊細でロマンチックで、そして女性以上に別れた恋人のことを引きずるもんなんですよ...グスッ。




3位: Courtney Barnett, "Dead Fox"




今年最も鮮烈なデビューを飾ったオーストラリア出身のロックシンガーによるアルバムからの2ndシングル。

彼女の曲を聴いたことがある方なら、「えっ、なんでこの曲? "Pedestrian at Best"じゃないの!?」って思ったことでしょう。わかります、わかりますよ。

でもちょっと待ってください。この絶妙に'90sっぽいサウンドと、都市生活の矛盾をユーモアとメタファーをたっぷり使った天才的なリリックを、ポップでキャッチーなメロディに包み込んだこの楽曲こそが至高だと思っているのは私だけなんでしょうか、いや、そんなはずはない!





2位: The Weeknd, "Can't Feel My Face"




年間トップ10の中に、なんと同じアーティストの曲が2曲入っちゃいました。

これまで現代のカルトヒーローだったThe Weekndは、最新アルバム"Beauty Behind the Madness"からの1stシングルとなるこの曲でポップスターへの転身を遂げたわけです。

...いや、もうどっからどう聴いてもMichael Jacksonだよね、これ。

ランキングでTop40に入ってる曲の3割くらいは彼のプロデュースなんじゃないか、というレベルでポップシーンを牛耳続けるプロデューサーMax Martinの力を借りて制作されたこの曲では、いつもの汚い言葉は一切聞こえてきません。

リリックもよ〜く聴くと「ドラッグ大好き!」っていうだけの曲なんだけど、それを女性とのセックスに例えてうまくシュガーコーティングしていたり、
とにかく本気で現代のマイケルの座を狙いに来てるんじゃないかと思うほどポップで普遍的な楽曲作りが逆に新鮮に響きます。

なにせ、あのトム・クルーズ様が某テレビ番組の口パク企画で歌うくらいなんですからねえ。彼はこの歌が本当はドラッグLOVEの歌だと気づいてたんでしょうか。




1位: Justin Bieber, "What Do You Mean?"




楽曲中で流れる時計の音はそれ自体が、世界中の注目を集める若きスターJustin Bieberのキャリアのメタファーと言ってしまって間違いないでしょう。

6年前、わずか15歳でYouTubeから発掘された彼は、幼少時のMichael Jacksonのように天使のようなハイトーンボイスが話題となって一躍スターダムへと上り詰めたわけですが、
だんだんと声変わりして大人になっていくBieberくんの姿に、「昔と違う」と言って離れていくファンも多数いたり、彼に避難の声を浴びせる、現代用語でいう「アンチ」の存在も膨れ上がっていきました。

そんな中で遂に法的にお酒が飲める年齢になったBieberくん。
若さの特権であるキュートなルックスと、神の贈り物と言えそうなハイトーンボイスを武器にしてきた彼にとって、時の流れというのはカウントダウンに近しい存在とも言えるのではないでしょうか。

少年と青年の間にいる彼が放つカムバックシングルは、矛盾が支配する世界への疑念を投げかける、まさに20歳前後の若者だからこそ抱える悩みをストレートに、そして正直に吐露したリリックが印象的な傑作エレクトロポップに仕上がっています。

個人的に2015年のトレンドはレゲエなどのフレーバーを取り入れたトロピカルなEDMサウンドだったように思いますが、この楽曲はそのど真ん中を行くトロピカル・ハウスサウンドが全体を支配する軽やかなダンスナンバーとなっていて、

こんなにもキャッチーなのになんでなんだろう。こんなサウンド、今まで生きてきて一度も聴いたことなかったよ。

Bieberの歌声は相変わらず完璧で、まるで夢の中にいるかのような重みのないヴォーカルワークの中には少しだけの悲しみが織り込まれています。

ここまで微妙なニュアンスまでを表現しているヴォーカルはなかなか聞けたもんじゃないです。彼の歌が下手だと言っている方こそ、この曲を聴けばその瞬間に考えを改めたくなるはず。

ここ2年の間にBieberは終わったんだと叫ぶアンチたちに、「違うね。Bieberこそが時代なんだ」と証明してみせたこの神々しいカムバックシングルが、2015年のベストシングルです。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 洋楽 - Genre: 音楽

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する