スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イット・フォローズ (It Follows) 感想 「謎」という恐怖

このエントリーをはてなブックマークに追加

abfeksf.jpg

オススメ度 ★★★★



あらすじ


大学生のジェイ(マイカ・モンロー)は、彼氏のヒュー(ジェイク・ウェアリー)とデートに行き、カーセックスをする。別になんてことない、普通の大学生のデートだった。

しかし、事を終えた後に事態は一変。ヒューが突然ジェイに薬を飲ませ、ジェイは気を失ってしまう。

ジェイが目をさますと、なぜか椅子に縛り付けられ、山の奥へと連れてこられていた。
いったい何が起きているのか。恐怖に怯え叫ぶジェイに、ヒューは奇妙な告白をする。

「これから君に、『何か』が付きまとってくる。『それ』は時に知らない人の格好をして現れ、時には君の愛する人の姿をしている。」
何を言っているのかさっぱりわからないジェイ。ヒューは突然、「『それ』が来た!」と言ってジェイに山奥から迫ってくる謎の女性の姿を見せる。

彼が言うには、常に姿を変える「それ」に捕まれば命を落とすことになるが、「それ」はセックスをした相手に移すことができるのだと。

無事に解放されたジェイだったが、その日以降、彼女はヒューの言葉通り、常に追いかけてくる「それ」の恐怖と戦っていくこととなる...

igfyjhv.jpg

感想


この頃、本当に怖いホラー映画に出会っていなかったような気がします。
直近で話題になったホラー映画だと「ヴィジット」とか「劇場霊」とか、どっちもただのギャグ映画だったじゃねーかよ! とツッコミたくなりましたもんね。

私と同じように感じていた皆様に朗報。
アメリカで公開されて以来大きな話題を呼んだ「イット・フォローズ」は震え上がるほど恐ろしい、本物の「ホラー」映画に仕上がっています。その怖さといったら、もう夜にトイレに行けなくなっちゃうくらいです。私はこれを観た夜、怖い夢を見て真夜中に目を覚ましました。勘弁してくれよ!

何がすごいかって、そのアイデアですよ。
日本のホラー映画って、ある程度のお化けのバックグラウンドとか、恨みの根源がどこにあるのかというのがわかっているものがほとんどじゃないですか? だからある程度対策のしようがあったり、お化けの過去の傷を癒そうと頑張りようもあるわけで。

しかし今作のお化けは、ていうかこれ、もはやお化けなんですか? というくらい正体不明。もうタイトル通り、「それ(It)」としか表現できないものなんです。

現在「それ」に狙われている相手とセックスをすると、今度は自分が狙われる、ということ以外すべてが謎に包まれている「それ」ですが、いつどこからどんな格好をして現れるかすらわかりません。

今作は、性悪な彼氏から運悪く「それ」を押し付けられちゃった女の子・ジェイが「それ」の恐怖から逃れるべく逃げ続ける...というお話。

神出鬼没すぎる「それ」は入院中のおばあちゃんのような格好をして現れたり、血まみれの少女の姿をしていたり、時には屋根の上で全裸で仁王立ちしているおっさんだったりします。
しかも「それ」はなぜかいつも牛歩で迫ってきます。今はやりのゾンビさんたちみたく全力疾走で駆けてきたりはしません。

hawoisd.jpg

それだけ聞くと、あれ?あんまり怖くなさそうじゃん...って思いました?
いやいや、とんでもない。「それ」に捕まると、どえらいことになっちゃうんですよ。

その恐怖を観客に植えつけてくれるのが、冒頭の衝撃的すぎるトンデモシーン。あれを観たら思わず背筋が凍りついちゃうこと間違いなしです。あそこで一気に作品の世界観へと観客を引きずり込む演出の巧さにはあっぱれ。

で、この動画の下には日本版予告編を貼ってるんですが、予告編の中でそのシーン、バッチリネタバレしちゃってます。おい! 公式で劇中最も衝撃的なシーンを盛大にバラすってどういうこった! 下の予告編は見ないでくださいよ! 貼ってますけど! 矛盾!

まるでカルト映画のような不穏なBGMや、動きのあるカメラワークでどこからやってくるかわからない恐怖を巧みに表現し、何も起きていない時ですら、もしかしたら「それ」が近づいてきているかもしれない...という恐怖を観客に与え続ける雰囲気作りが本当に素晴らしい。

さもすれば単なるチープな半コメディ作品として笑い飛ばされてしまいそうな設定を、ここまで恐ろしいホラーへと仕上げてしまった手腕には本当に恐れ入りました。

しかもこの映画、なんとたったの200万ドルという制作費で作られたというのだからびっくりです。ちなみに「ジュラシック・ワールド」が1億5,000万ドルですからね。その数十分の一の予算で、派手なCGや豪華なセットに頼らずとも、アイデア勝負でここまで迫力ある、面白い映画を撮れるんだぞ、と証明して見せてくれたデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督にみんなで拍手を送りましょう。

いやあ、しかしどうしましょう。この映画を診て以来、夜中にトイレに行くのが怖くなっちゃったんですよね。だって、私にも「それ」がついてきてたら怖いじゃないですか! どうするんですか、背後から全裸のおっさんに襲われたら!

あれ? そういえば私、ずーっと異性の方とセックスなんてしてないや! じゃあ自分に感染ることはないね! よかったよかった! アッハハハハ!! ...はぁ、虚しい。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

  • 2016/01/25 (Mon) 08:16
    のどあめ #- - URL
    No title

    It followsが気になっていて、どんな感じだろうとネットを探っていたらここを見つけ読めば読むほど観たくなりました!
    正直、怖いのは本当に大の苦手です(笑)
    グロいのはもってのほか。…しかし自分の性格上「観てみたい!」と気になれば観るまで気になり続けるので…困ったものです…(笑)
    DVDが出たら友達と鑑賞会でもしようかな〜
    最後の文 思わず笑っちゃいました(笑)
    素敵なレビューありがとうございましたっ

  • 2016/01/25 (Mon) 13:40
    UC #- - URL
    Re: No title

    のどあめさん、コメントありがとうございます!

    こんな風に言っていただけるとは、ブロガーとして最高に嬉しいです! 本当にありがとございます!
    "It Follows"は一番最初に微グロなシーンがありますが、それ以外はグロでなく静かに恐怖を煽ってくる演出がとっても上手な映画です。
    残念ながら興行はあまり振るっていないようなので、劇場公開しているうちに観に行くのが吉だと思います!
    気になっている映画を見逃す手はないですよ!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

2016/01/16 (Sat) 01:40

2016/01/12 TOHOシネマズなんば別館 8/10 冒頭 住宅街を走り回る女性の登場からタダモノではない感 が一気に画面を支配しそうなるともぉどうにもなりませんあとはこの監督のやることなすことに身を委ね少々受け身気味にお手並み拝見となるわけですがそんな悠長なこと言…

1964大阪生まれのネタバレ全開映画駄話 - http://1964eigadawa.seesaa.net/article/432491288.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。