スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人旅 in 沖縄 ~リゾナーレ小浜島 イルマーレビーチ編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
*沖縄旅行記の一覧はこちら

前回の記事ではホテル敷地内の建物を紹介させていただきました。
今回は、ホテル敷地内にあるプライベートビーチの

イルマーレビーチ

を紹介していこうと思います。

では早速いきましょう!


ビーチへ行こう


ビーチへ行こう

さてプライベートビーチの場所ですが、お部屋から水着でそのまんま行ける...ような場所にはありません。

ホテルの敷地最奥に進んで徒歩10分くらいのところにビーチはあります。

ホテルから20分間隔でシャトルバスが出ているので、それを利用していくのが便利だと思います。

せっかくなので、今回は歩いていきましょう!

ビーチへ

この看板が見えたら、ビーチまではあとちょっと!

ビーチ入り口

さあ見えてきました、イルマーレビーチです!



ビーチには...?


何もないや

白い砂浜に薄く青が空に混じりそうな、透明度の高い海...
これですよ、私が沖縄に求めていたものは!

ビーチはとっても広く、カメラに収めきれないほど。
ここも夏は人でいっぱいになるんだなあと思うと、逆に静かなビーチを独り占めできるオフシーズンに来て良かったなあと思ったりもします。

ビーチチェア

もちろんビーチでお休みするためのビーチチェアもたくさんご用意されています。
オフシーズンでも気温は20度前後はあるので、ここでゆったり過ごすのも気持ちよさそうですね。

テント的な

そして、周囲にはテントがたくさん並んでいます。
夏にはここでステイできちゃったりするのかな? いや、そこまでの大きさでもないか。

BBQの所

うち一つは他よりも大きなテントになっています。
実はここ、夜には焼きたてのスモアを販売する場所に変わったりします。

夏にはBBQハウスとかになったりするのでしょうか。

砂浜

砂はサラッサラ...というか、粒が細かくて足に当たる感覚がとっても気持ち良いです。
貝が混じっていたりもするので、見ているだけでも楽しくなっちゃいますね。

変な貝

あとは浜辺に変な貝殻? サンゴ?? みたいなのがたくさん転がってました。
都会の方の透明じゃない海ではあんまり見かけないですよね。

水綺麗

そして、水が本当に綺麗...
水の底が完全に透けて見えるほどの透明度。

海開き後にまた来て、今度は実際に泳いでみたいなあ、なんて思っちゃいました。

ヨット的な

人は少なかったですが、チラッと見えたのが帆みたいなのが付いた乗り物を颯爽と乗りこなす男性たちの姿でした。かっこいい! そして楽しそう!

夏に来ればバナナボートとか、水上をボードに乗って引っ張ってもらうアレとかができるようになるはずなので、本当にもう一回来て、ぜひ体験してみたいところです...



島Books & Cafe


島Bookカフェ

ビーチに併設された休憩所が、島Books & Cafe

島Bookcafe入り口

入り口からしておしゃれですね。

本棚

ここでは名前の通り、置いてある本を読みながらドリンクや軽食を楽しめるカフェになっています。
旅行本に経済本、小説まで様々な本があるので、興味の湧く本を探すのは難しくないと思います。

ちなみにアクティビティカウンターもあるので、夏にはオープンしてここで申し込みも可能なのでしょう。

テラス

こちらがお席です。
ここに座って、景色を眺めながらぼーっと本を楽しみましょう。

IMG_2132.jpg

こちらがカフェからの景色です。
カフェの目の前にはプールがあって、そこでもゆったり休憩できたります(冬期間はお休みです)。

ブラウニー

私はここでブラウニーを注文して食べました。
ソースはラズベリーソースだったんでしょうか。

ブラウニー接写

クリームが濃厚でとっても美味しい~!!
ドリンクと合わせて、皆さんもぜひ。

インフィニティプール

カフェを出て降りてみると、プールの全景が見えます。
実はこれ、今はやり(?)のインフィニティプールになってるみたいですね。海とプールの境目がわからないっていうやつ。

足だけちょろっとつけてみたんですが、結構深さがありそうでした。

カフェ全景

ビーチ側から見たカフェの全景。
座席数は決して多い方じゃないんですが、こうしてみると建物自体はけっこう大きいんですね。

カフェの雰囲気もとっても落ち着いていて、リラックスするにはもってこいだと思います!



ガジュマル広場


ガジュマル広場

カフェに隣接しているのがガジュマル広場

ここでは、カフェで借りてきた本を持ち出して読むことができる広場になっているんだとか。

ブランコある

西洋の海辺にありそうなブランコがありました。

ここで真っ白なワンピースを着た美少女が優雅に小説を読んでいたりなんかしたら最高ですね。
あれ、何言ってるんだろう私。

ハンモックも

ビーチリゾートと言えば、という感のあるハンモックもあります。おしゃれですね。

木漏れ日がさす中で、まるでブランコのようにハンモックに揺られるなんて超ロマンチックじゃないですか?

えっ、私みたいなおっさんが一人でやっても気持ち悪いだけ!?
でっ、ですよねー!! あははは...


夢だね

こういう上に寝るタイプのハンモック、一度寝てみたいと思いません!?

ああ、やっぱり夏にもう一度来たいなあ...



ということでイルマーレビーチを紹介して参りましたがいかがだったでしょうか?

離島に期待するきれいな海と、アクティブ派にもゆったりしたい派にも配慮が効いていて、
いつまでもここで過ごしたくなっちゃうような魅力に溢れていますね!


おまけ: 夜のビーチ


夜の風景

夜にはテントがライトアップされて、ビーチで過ごす夜を盛り上げてくれます。


ランタン綺麗

そこかしこに置かれたランタンの明かりも相まって、オシャレな雰囲気になりますね。

夏にはここで寝たりするイベントもたくさん開催されるみたいですよ。
やっぱ夏にもう一回来るしかないな...




では次回からはお食事を紹介していきますのでお楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。