スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳に泊まってきたよ 〜客室&大浴場編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですがここで質問!
みなさん、泊りがけでスキー/スノボに行った時は...

①宿はほどほどに泊まれればOK!

②せっかく行くなら、宿自体にもこだわって楽しめるところがいい!

のどちら派でしょうか?

もともとホテル大好き人間な私は、断然②宿にもこだわりたい派!
せっかく泊まるなら、ホテルの中の施設やお食事にもこだわった方が、お部屋でのトークにも花が咲くってもんじゃないですか。

ということで今回、会社の同期と1泊2日のスキー旅行へ行って参りましたので、その際に泊まった人気ホテル、星野リゾート

リゾナーレ八ヶ岳
(公式サイトはこちら → http://risonare.com/index.html)

のレポートなんかをやってみようと思います!

先日、同じく星野リゾート経営のリゾナーレ小浜島にも宿泊し、すっかり星野リゾートの魅力にノックアウトされてしまった私。
このリゾナーレ八ヶ岳にも、いつかは泊まってみたいなあ...なんて思っていたんです。

で、その小浜島旅行から2週間後。
今回のスキー旅行は同期が全部手配してくれたのですが、その宿泊ホテルがなんと奇跡的にここ!
もうこれはあれですね。星野リゾートのホテルをここから制覇していけという神のお告げに違いありません(?)

小浜島に引き続き、食事も客室もサービスもさすがの星野リゾートクオリティが光る、リゾナーレ八ヶ岳の楽しさを少しでも味わっていたければこれ幸い。

では、早速参りましょう!




ホテル到着!


まずは最寄りの駅、小淵沢へ移動しましょう!
特急あずさで、新宿から約2時間くらい?

IMG_2275.jpg

着いたー!
駅を出たら、ホテルへの送迎バスへ乗り込みましょう。

IMG_2276.jpg

こちらがロビー! かなり広々としており、座って休むところも多いです。
チェックアウト後も、駅への送迎バスを待つ間にダラダラするのにももってこいですね。

IMG_2277.jpg

こちらがフロント。
フロントの雰囲気がすでにおしゃれ! ここでチェックインを済ませたら、お部屋に移動しましょう...




ゲストルーム



リゾナーレ八ヶ岳にはスタンダードな洋室、メゾネットタイプやスイートルーム、さらにはペットルームや赤ちゃん連れの家族向けのお部屋など、家族連れに嬉しい様々な客室タイプが揃っています。
(詳しくはこちらから → http://risonare.com/guestroom/index.html)

今回私たちが宿泊したのは、なんと70㎡もある一間の大きなお部屋でした!
こんなに大きなお部屋に泊まったのは初めてです...

IMG_2282.jpg

クイーンサイズの正ベッド2つ。
柔らかくてふかふか!

IMG_2281.jpg

そしてなんと、エキストラベッドが3つ入って、5人一室で全員がベッドを使えるという快適さです。
一人くらいはソファベッドになると思ったんですけどね。 ソファも寝るのには全く困らなさそうな大きさだったので。

IMG_2284.jpg

女性には嬉しい(のであろう)鏡+充電スペースがあったり。

IMG_2286.jpg

おトイレも広〜い。

IMG_2287.jpg

もちろんユニットバスもあります。
こちらもトイレ付きなので、お部屋には2つのトイレがあることに。
まあ私個人的には、誰かと泊まりに来ている時には絶対に部屋のトイレを使えない派なのであれなんですけどね。共感してくれる人、いませんか?

ベーシックな大部屋という感じでありながら、それぞれの設備がとてもしっかりしていてリラックスできる環境として整っているのがすごい! さすが星野リゾート!!(しつこい)

お部屋で少しくつろいだら、今度は大浴場へ向かいましょう!




もくもく湯(大浴場)


IMG_2311.jpg

大浴場へは、一度ゲストルームのある棟から外へ出て、敷地内を少し歩いていったところにあります。
それがこちらのもくもく湯!

IMG_2325.jpg

それぞれが円柱型の特徴的な形をしています。
男湯と女湯と...あれ、もう一つは何!?

IMG_2324.jpg

パスワードを入力して中に入りましょう。
バスタオル、ボディタオルは更衣室に置いてあるので、お部屋から持ってこなくて大丈夫!

男湯の方は、エメラルドグリーンというかなんというか、とても癒される感じの青緑色に統一されていて、まるで森林浴をしているかのような...あれ、いつも以上に例えがヘタですね。すみません。

IMG_2323.jpg

ベビーベッドやお水を飲むところも。


IMG_2312.jpg

いざ、大浴場へ!

IMG_2318.jpg

まず見えるのが洗い場!
そんなに数はないのかな、と思いきや...

IMG_2319.jpg

半個室タイプの洗い場が2つほどあります。
小さなお子さん連れには嬉しいですね。

IMG_2320.jpg

こちらが浴槽。
ちょっと塩素っぽい匂いがしたんですが、ここって沸し湯なんでしたっけ?

深さは2〜3歳くらいのお子さんが立って歩いてちょうどいいくらいに設定されています。

更衣室のベビーベッドといい、半個室の洗い場といい、家族連れへの配慮がきめ細かいですね。
次回以降の記事で紹介しますが、ビュッフェスタイルの食事や、充実した館内設備も合わさって、ファミリーで遊びに来るのにはぴったりなホテルだと思います。

ちなみにここを抜けていくと、混浴の露天風呂に出るようになっています。
先ほど外観のところにあった3つ目の建物は、この露天風呂になっていたみたいですね。

IMG_2321.jpg

こちらにはリラックス用の椅子が3つほど用意されています。冬はちょっと寒いかな。

以上が大浴場の簡単な内装になっています。
浴槽の数自体は内風呂+混浴露天風呂の2つのみなので、温泉の種類を期待していっちゃうと肩透かしを食らうかも?

ただし、次回以降ご紹介する大型プールの中には露天風呂やジェットバスなどがあるので、そちらと合わせて楽しむのもいいかもしれませんね!

お風呂を出たら、売店でショッピングをしながらお部屋に戻ります...




ピーマン通り


大浴場があるところとはまた別のエリアに、ピーマン通りというショッピングストリートがあります。

八ヶ岳のご当地食材を使ったデザート屋さんやレストラン、工芸品にアパレルまで何でも揃います。
今後の記事でご紹介しますが、冬の期間は簡易のスケートリンクも用意されています。ここだけでも1日遊べちゃいそうですね。

IMG_2310.jpg

夜の間はライトアップされて雰囲気たっぷり!
ちなみに左奥に見える逆台形型の特徴的な建物は展望台みたいなんですが、私たちが宿泊していた期間は閉鎖されていました。夏になったら登れるようになるのかな?

IMG_2386.jpg

夜の時間は、ホテル公式の売店しかやっていませんでした。
中には八ヶ岳ご当地のドリンクやお菓子、軽食などが揃っていて、見ているだけでも楽しくなってきますね!

IMG_2387.jpg

中でも目を引くのが、リゾナーレ八ヶ岳のロゴ入りのオリジナルジャムコーナー。
確かめてはいませんが、おそらくはビュッフェで使われていたジャムと同じものではないでしょうか。

だとしたらとっても濃厚で素材の旨みがぎっしり詰まった美味しいジャムなので、ぶどうジャムくらいは買っておけばよかったなあとちょっと後悔していたり。

ここでご当地ビールなんかを購入し、みんなで一旦お部屋に戻ります...



今回の記事ではお部屋と大浴場、売店のご紹介をしてきました。


...って、え? スノボをしに行くための旅行なのに、ゲレンデの写真がないじゃないかって?

だ、だって、スキー場には壊れるのが怖くてカメラを持っていけなかったんですもの...
ということで今回は1枚だけ、ゲレンデで撮ってきた写真を掲載して締めさせていただきたいと思います。

DSC_1974 (1)

リゾナーレ八ヶ岳から最寄りのスキー場は、バスで30分くらいのところにある

富士見パノラマリゾートです!

コース数がすごく多いスキー場ではないですが、最長距離3,000mという滑走距離と、滑走中に見える八ヶ岳や市内を臨む絶景が売りのゲレンデ。
写真の通り、景色がとっても綺麗でした...雪質もふかふかで滑りやすかったです!

では、次回の記事は夕食/朝食ビュッフェをご紹介していこうと思いますのでお楽しみに〜。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。