スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人旅 in 沖縄 〜はいむるぶし散策編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

*沖縄旅行記の一覧はこちら

楽しかった小浜島旅行もいよいよ大詰め! 滞在中はずーっと雨でどんよりしておりましたが、実質的な滞在最終日の1/22の午後だけパカーンと晴れてくれました! それだけで、気分も上を向いてくるってもんです!

ということで小浜島旅行の締めくくりには、滞在していたホテル、リゾナーレ小浜島のお隣にあり、敷地全体が国立公園にもなっているホテル、

はいむるぶし
(公式サイト: http://www.haimurubushi.co.jp)

にお邪魔してきました。
国立公園を兼ねているだけあって、敷地の広さは圧倒的!
「はいむるぶし」という名前は「南十字星」という意味の言葉らしいのですが、その言葉から連想できるように、敷地内には「ここが本当にホテル?」と思ってしまう、息をのむほど美しい景観を楽しめる場所が盛りだくさんでした。

宿泊者ではないので客室内を見ることはできませんでしたが、中を散歩するだけでも1時間半以上かかるほどの広大な敷地を思う存分満喫することができました。

ということで今回は、はいむるぶしの敷地内にある景勝スポットや、ゲストルーム棟の写真から、少しでもホテルに行った気分を味わっていただければと思います。

それでは散策開始です!



入り口とフロント


はいむるぶし入り口

リゾナーレ小浜島を出たらすぐ隣、小浜港からはバスで10分くらいのところに、はいむるぶしはあります。
カニのロゴがなんとも品格を感じさせてくれますね。

入り口の守り神

ゲートのところには、おなじみ守り神のシーサーさんが。
中へ10分ほど(けっこう遠いな!)歩いていくと...

ロビーへ

こちらがホテルのフロントへの門。
さっきのゲートよりももうちょっとかわいらしいシーサーさんがお出迎え。

ロビーだよ

中に入るとこんな感じ。フロント自体はそこまで広いわけではないですが、ゲストルームとくっついているわけではないですし、ここでできることって言えばチェックインとアクティビティーの受付くらいのものだと思うので、全く問題はないはずです。

お土産やさん

フロントにはお土産屋さんも併設されています。
沖縄のお土産だけではなく、ホテル限定の泡盛やお菓子など、ここでしか買えないグッズが盛りだくさん!
宿泊していなくとも、ぜひ立ち寄ってお土産を買ってみると楽しいかもしれません。

フロントはこんな感じです。次は、宿泊棟の方をぐるっと回って見ていきましょう!




宿泊棟


はいむるぶしのゲストルームは全てヴィラタイプになっており、部屋のタイプや眺望によって場所が全く異なっています。
やっぱり歩いて移動するのは大変なので、チェックインの際にはフロントからカートを出して送ってくれるみたい。 つよ!!

分かれ道

いかにも南国! な木々の緑が美しい道を進んでいくと、宿泊棟が見えてきます。

敷地内広い

敷地の中には池があったり橋が架けられていたりと、お部屋に移動するだけでもちょっとした探検気分が味わえますね。

南国感ある

ゲストルームをベランダ側から見たところ。
広そうだよ! スタンダードで47㎡もあるそうですよ!

宿泊棟

入り口側から見たところ...

ドア

ドアもなんだか高級感に溢れてますね。ああ、なんとか侵入したかった...

てぃだ

こちらはオーシャンビュースイートルームのある「てぃだ棟」への道です。
すごいのはお部屋だけじゃなくって...

向かう道

すでに向かう道からの風景が素晴らしいじゃないですか!
海! 島! 緑!

休憩所

てぃだ棟の中心にある休憩所からはこんな景色が見られます。
お部屋のベランダからだともっとクリアに見えるんだろうなあ... 人生で一回は泊まってみたいっす。




サンセット広場&ゆうなの浜


サンセット広場へ

今度は壮大な景色を楽しみながらのんびり過ごすことができる、サンセット広場に行ってみましょう!
そういやここ、大浴場もあったので行っておけばよかったなあとちょっと後悔。

サンセット広場

着きましたー! サンセット広場!

雄大な景色

そこから眺める景色が最高に美しい!
夏だったらここに寝転んで本でも読めたりしたら最高の気分に浸れそうですね!

ハンモックのとこ

ハンモックやテーブルもあるので、ご家族でリラックスすることもできそうです。

ここでゆっくり景色を見ていたら、かるーく20分くらい経過していました。
こんな場所がホテルの中にあるなんて...小浜島、恐るべしですね。

ゆうなの浜へ

次に向かったのは、サンセット広場からもう少し奥に進んで行った先にある「ゆうなの浜」という海岸です。

ゆうなの浜

き、綺麗だ...ここで泳ぎたいよ! と思っちゃうほどなんですが、残念ながらここは遊泳禁止!
ここでは景色を楽しんで、足をつけて水の透明度を楽しんだら、次は遊泳ができるプライベートビーチに向かいましょう!



ビーチ


ベーチへの道

プライベートビーチへは、ホテルの中心から徒歩だと15分くらいかかります! 遠いな! 敷地の広大さがよくわかる距離ですね。

カラフルなベル

道中にはカラフルなベルが吊るされた木があったり。
夜になったら光ったりして綺麗そう...

お散歩広場へ

道中にはもう一つ、遊泳禁止ですが海岸をお散歩できる道があります。
階段を下っていくと...

お散歩広場

これまた絶景! 散歩道と言っても、歩いて行ける範囲はそこまで広くありません。
岩の上から水に手を触れたりして楽しみましょう。

ビーチ着

ようやっとビーチ到着!

トレードマークだね

ビーチの入り口のゲートは...これ、公式サイトとかでもよく見るやつだ!
ホテルの正門かと思ってましたが、ビーチへのゲートだったんですね!

八重山諸島の位置関係

ビーチの入り口には、八重山諸島の位置関係が!
ビーチの端っこから、なんだか高層ビルが立ち並ぶ都市が見えたんですが、もしかしてあれ、た、台湾...?

日本の都市よりも台湾に近い島に来ているって、なんだか感動的ですね。

ビーチチェアから見た景色

ビーチチェアから見た景色がまた綺麗で...

砂浜にハンモック

ビーチのど真ん中にハンモックがあります。
せっかくなので乗って休憩してみたんですが、まるでこのビーチを独り占めできたみたいで(実際ビーチに来てたお客さんが私一人しかいませんでした)、これ以上ないほど最高の気分に浸ることができました。
あの感覚は忘れられない...



ということで、小浜島で最も有名(なはず)のホテル、はいむるぶしを散策してまいりました!
本当にホテルにいるとは信じられないほど広大な敷地を散歩していると、自分は離島に来ているんだなあという気分を満喫することができました! 皆さんも、小浜島に行くことがあったら、泊まらずともぜひ足を伸ばして、散策してみることをお勧めします!

長いようで短かった沖縄旅行も、これで締めくくり!
到着日からずっと雨、出発日は大荒れで、フェリーも午後は欠航になるというお天気の悪さでしたが、
実質的な最終日にようやく真っ青で綺麗な空を味わえたことが何よりも嬉しかったですね!

今度は海水浴も楽しめるシーズンに来て、他の島へもアクティブに回ってみたいところです!




おまけ: 沖縄限定のハンバーガー屋さん


東京へ帰る日は、一度石垣島へとフェリーで移動して、空港から羽田まで直行便で帰ってきました。
その時、飛行機の時間までかなり間があったので、沖縄に来たら行ってみたかったお店でランチを食べに行ってみたんです。
そのお店とは...



AAW.jpg

アメリカ出身、日本では沖縄だけで展開しているハンバーガーショップ、

A&W
(公式サイト: http://www.awok.co.jp)

です!
ここ、アメリカでは広く展開しているみたいなんですが、私がアメリカのメイン州というところに留学してた時、一度も見たことなかったんですよねえ...

それでここのお店、何が違うのかって言いますと?

ルートビア

じゃーん!!

なんだ、普通のコーラじゃん、って思いました?
実はこれ、ルートビアっていう飲み物で、ハーブやらの薬草? 香草?みたいなのがたくさん入った、ヘルシー(らしい)炭酸飲料なんです!

知ってる人もいるかもしれませんが、ちょっと湿布薬みたいな味がすると評判(?)のこのドリンクですが、なんとアメリカでは結構有名、っていうか普通に市民権を得た飲み物だったりします。

私が留学してた大学の学食では、ドリンクはファストフード店にあるみたいな透明なプラ製のカップに好きなものを注いでレジに持ってくという方式だったんですが、そこでは「コーラ、スプライト、マウンテンデュー、そしてルートビア」みたいな感じで普通に並んでいたりしました。

その時からあの独特な味に夢中だった私は、「この店は逃すわけにはいかん!」と旅行に来る前から思っていたんです。

しかもなんとこの店、なんとルートビアだけは飲み放題なんです! すげえ! 3杯飲んだ!!

AAWバーガー

こちらがA&Wの定番らしいハンバーガー。
真ん中に挟まっているオニオンリングが特徴的で、パティも肉厚でなかなか美味しかったです。でも、マックなどのハンバーガー屋さんに慣れていると、味がちょっと薄めに感じる方もいるかも?



はー...ルートビアも大量に飲めたし、満足満足...

ということで大満足の沖縄旅行なのでした。また来よう、そうしよう。


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。