サウルの息子 (Son of Saul) ネタバレあり感想 人間らしくいたいから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

wahisudb.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスの特殊部隊に選抜され、毎日淡々と業務をこなしていた。

その部隊の名は、ゾンダーコマンド
仕事の内容とは、ガス室で殺害される大量の捕虜たちの死体を処理するという残酷なものだった。

ある日サウルは、ガス室での殺処理から生き延びた1人の少年を発見するが、その少年はすぐさま軍部の者たちによって殺害されてしまう。

その光景を目の当たりにしたサウルは少年の死体を自ら解剖室へと運び、軍医に「解剖はしないでくれ」と頼み込む。
なんとこの少年は、彼の息子だったというのだが...

wbaudisj.jpg

感想


戦時中のナチスドイツによるユダヤ人への迫害を描いたホロコースト映画は数あれど、この「サウルの息子」はこれまで存在してきた映画のどれとも異なる作風によって描かれた作品となりました。

今作の主人公サウルは、ハンガリー出身のユダヤ人でありながら、
ナチス政権下で最大の虐殺を起こしたことで悪名高いアウシュビッツ=ビルケナウ収容所において、次々に送り込まれては殺害されていく同胞のユダヤ人たちの死体を処理する「ゾンダーコマンド」という残酷すぎる労働を強いられていました。

そんな彼が追い求めるもの、つまり作品の向かう目的地はいたってシンプルです。

ある日いつものようにガス室で死体の掃除をしていたサウルは、奇跡的に毒ガスから生き延びた一人の少年を発見します。
しかしその少年はすぐさま軍部の手に渡り、なんと生きているうちに心臓マッサージをされて殺されてしまうのです。

その様子を見つめていたサウルは彼の遺体を自ら解剖医の元へ運び、「お願いだから彼を解剖しないでくれ」となんとも悲しそうな目で頼み込みます。
そう、なんとこの少年は、サウルの息子だったのです!

その後サウルは息子にユダヤ式の正式な埋葬をしてあげるべく、収容所内を駆け回る...というのが今回のお話となっています。

終始ハンドカメラによって撮影されたカメラワークのアングルはほぼサウルの後ろ側から見た景色に固定され、周囲の風景どころかすぐ近くにいる人間の顔さえもほとんどボケた状態で映し出されます。

収容所で起きる凄惨な虐待、銃撃戦、暴力などをサウルの目線から映し出しことによって、まるで私たちもその場にいるかのような感覚に陥ってしまいます。
BGMを一切排除し、収容所にいる人々の声、強制的な労働によって生み出される悲しげな物音だけを使用しているのも臨場感を高めている要因となっているのです。

周囲の視界がボケているのも、自分の同胞であるユダヤ人を見殺しにしなければならないという現実に麻痺してしまった、もしくははっきりと向き合わないように心を閉ざしたサウルの心情と同時に、死んでしまった息子の埋葬という一つの目的のために、他のことに盲目となった彼の執着心をも表しているようです。

qhuedis.jpg

しかしサウルは、息子の埋葬という目的に執着するあまり、収容所で同じように労働に苦しむ同胞たちへの配慮を忘れてしまっている部分も見受けられます。

サウルの物語と同時進行で、ユダヤ人たちによる反乱計画も進行していくわけですが、その中で計画に必要な爆弾の受け取りを任された時には、「爆弾はどっかに落とした」とか平然と言っちゃったり、
「ラビ」と呼ばれるユダヤ人の祈祷師に対して暴力を振るってまで息子のための祈祷を強要したり、さらには銃撃戦の最中でも、息子の土葬のための穴掘りで仲間を危険に晒したりと、意外とえげつないこともやってます。

そのあたりの倫理観に共感できるか否かによって作品への評価も変わってきそうですが、
しかし、一見不可能に思えるミッションに果敢に挑戦していくサウルの目があまりにも鬼気迫っていて、まるでこの残酷な状況下でも自分はまだ人間ということを自分自身に、そして世界に証明してやろうとする彼の行動一つ一つに引き込まれずにはいられなくなるのです。

しかし、ここで誰もが疑問に思うであろうことが一つ。
あの少年は、本当にサウルの息子だったのか?ということです。

劇中でも仲間の一人が言うように、もともとサウルには息子がいなかったはずであり、
自分では「妻との間の子ではないんだ」と語るのに、「いつ生まれた子なんだ?」と聞かれると言葉に詰まってしまうなど、死んでしまった少年がサウルの実の息子ではないのではないかという意見も提示されています。

では、あの少年は一体何だったのか?
となれば、サウルにとっての少年とは、彼の心のどんな部分を象徴していたのか?
答えがはっきりと明示されることはありませんが、そのヒントは儚くも美しい、目の覚めるようなラストシーンに記されているのだと思います。

今作の監督ネメシュ・ラースローは、なんと今作が初めての単独監督作品なんだそうです。
初監督作品にして、斬新な手法を用いてここまで複雑な感情を完璧に表現しきった手腕は疑うまでもなく、今後の活躍にも期待大です。

アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、前哨戦となるゴールデングローブ賞では見事賞を勝ち取ったという実績は伊達ではありません。

真の地獄絵図とはどんなものなのか、そしてそんな中でも人間として大切なものを失わずにいるためには何を犠牲にしなければならないのか。鑑賞後はシンプルに「すごい映画を観てしまった」という言葉しか出てこないであろうこの作品を見て、ぜひみなさんの目で確かめてみてください。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する