スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーラー服と機関銃 -卒業- 極力ネタバレなし感想 守りたい人がいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

aguydvbjs.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


組員が4人しかいない目高組の組長となり、様々なヤクザたちとの抗争を繰り広げてきたという過去を持つ高校3年生の星泉(橋本環奈)

目高組を解散した彼女は、シャッター商店街の一角で「メダカカフェ」という小さな喫茶店をを営む店長に。
ご近所さんたちと仲良くしながら、クラスメイトや元組員の土井さん(武田鉄矢)祐次くん(大野拓朗)春雄くん(宇野祥平)とともに、忙しくも楽しい毎日を送っていた。

そんな中、友人が偽モデル詐欺の被害に遭ったことを知った泉は、相手の事務所に乗り込んであこぎな商売はやめるよう要求。
しかし事務所の社長らしき男は、「俺のバックには浜口組がいるんだ」という。

そこで浜口組の組長(伊武雅刀)と直接話をつけに行った泉だったが、組長からはその事実を否定され、逆に目高組が麻薬入りクッキーを販売しているのではないかと糾弾されてしまう。

これは一体どういうことなのか? 目高組と浜口組の名を語って悪行を働いているのは誰なのか?
この事件の裏に潜む陰謀によって、泉たちに最大の危機が訪れる...

bdjsk.jpg

感想


ネット上に流れたワンショットから「千年に一人の逸材」と呼ばれ、福岡のローカルアイドルから一躍お茶の間のヒロインになるという、インターネット社会が産み出した超現代的スターの橋本 "天使" 環奈ちゃん。

最近ではCMでもよく見かけるようになって、確かにどの角度から切り取ってもかわいいということは疑いようもない事実だということを思い知りました。めっちゃかわいいですよね...なーんて私のような歳の人が言ったらただの変態かもしれませんけど。

しかしそんな彼女、実はまともに演技してるところだったり歌を歌ってるところ、ほとんど見たことがないんですよねぇ...皆さんの中にも私みたいな方、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな皆様に朗報。
伝説の「セーラー服と機関銃」のリブート版にして続編である今作「-卒業-」では、「天使すぎる」彼女がイメージと真逆のヤクザの組長になりきって街を闇へと染めようとする悪の組織に立ち向かう姿を存分に味わえる、男性諸君にとっては大満足の作品に仕上がっています。

さて、結論から言ってしまうとこの映画、とんでもなくおもしろい!
邦画にありがちな「これはひどい」と思ってしまう演出が、なんとわずか一ヶ所しかありませんでした。
スピーディでスリリング、笑いも涙もぎっしり詰め込まれているのに、感動のシーンはあえて引きずらない。ここに角川映画の本気を見たな、と感じましたね。

物語は、高校で授業中に眠りこける天使のようにかわいい少女の姿から幕を開けます。
この少女こそ、皆さんご存知、星泉(橋本環奈)
こんな顔して実は彼女、弱小暴力団「目高組」の組長として今までに様々なヤクザたちとの抗争を乗り越えてきたという壮絶な過去を持つ女の子なのです。

今は解散してしまった目高組の面々は、商店街で「メダカカフェ」という喫茶店を経営して生計を立てています。
もはや暴力とは無縁の、平和な日々を送っているように見えた彼らでしたが...

そんな彼らの元に、とある依頼が。
泉のクラスメートが所属しているモデル事務所が、とんでもない悪徳業者だった!
モデルの仕事と言いながら、与えられるのは地元の建設会社のパンフレットやフリーペーパーのみ、しかも建設会社の社長に対する枕営業を強いられるというではありませんか!

こ、これはひどい...
えっ、これくらい普通だろって? 昔は女性芸能人の枕営業なんて日常茶飯事、建設会社のパンフだって下積みとして必要だろって?
ちっちっちっ...甘いですね、大人のみなさん。こういうのを「悪徳」と呼べるようになったのが現代の「ゆとり社会」というものなのですよ。そこのところはそういうもんだと受け入れちゃってくださいませ。

元組員の土井さん(武田鉄矢)祐次くん(大野拓朗)春雄くん(宇野祥平)という愉快な仲間たちとともに事務所に乗り込んだ泉でしたが、そこの社長の口からは、「俺のバックには浜口組がついてるんだからなあ」という言葉が。

約束を破ってあこぎな商売をしやがって。これは許せんと浜口組に直接話をつけに行こうとする泉でしたが、美少女にそんなお手間は取らせません。浜口組から先に、お迎えをよこしてくれます。

待ち受けていた浜口組の組長(伊武雅刀)に早速文句をつける泉。しかし、返ってきたのは意外すぎる返事でした。

「お前らこそ、最近麻薬入りクッキーを売ってるそうじゃねえか!」
ん? もう暴力団を解散している目高組がそんなことをするわけがありません。浜口組の方もモデル事務所なんて身に覚えがないと言っているし...これは一体どういうことなんでしょう。

そこで立ち上がり、調査を開始するのが浜口組組長の側近・月永(長谷川博巳)です。頭が切れ、組長への忠誠心も強い彼は、泉とも協力しながら、これらの事件の背後に存在する組織の招待へ迫っていくのですが...

guwoadbscjk.jpg

ここからの展開は、ネタバレなしで観ていただく価値が間違いなくあります。

都市一極化の高齢社会がどんどん進んでいる現代社会が抱える闇が産み出した悪役の目的は、本当に今後我々の社会の中に入り込んできてもおかしくないんじゃないのかなあ、というリアリティがあってゾクゾクしましたし、その問題提起も押し付けがましさはゼロ、ストーリーのエンタメ性を損なうことは一切ないというのが素晴らしい。

それと、今作で特筆すべきはなんとも挑戦的で洗練されたカメラワークでしょう。
長回しとハンドカメラを多く用いて臨場感を出すと同時に、テンポの良さまで同時に実現させてしまっていることには感動させられました。
特に中盤、泉と月永が敵の殺し屋をはねのけていくシーンの爽快感、雨が降り出した時の浄化作用ったら半端じゃありませんでした。ここ必見ですよ!

物語の終盤にかけて、泉が祐次くん、春雄くんと目高組に入った理由を語り合うシーンがあります。
ここも長回しで、おそらくワンカットで撮られてるんですが、ここがまた素晴らしいんです。
ベッタベタな、「古き良き」日本映画にありがちなギャグが満載の会話なのに、どうしてこんなに自然な台詞回しと、まるですぐ近くに彼らが生きているかのような息遣いまで感じられる、自然な演出ができてるのでしょう。
もしかして、セリフって全部アドリブなの?と聞きたくなるレベルです。

このシーンで一気に祐次くん、春雄くんを好きにさせておいて、最後のあれはないよなあ...無情。無情ですよ。泣くに決まってるじゃないですか。
でも、この映画は泣けるシーンも引きずらないのです。ヤクザ同士の抗争というのが真に命を賭けた戦いだということをしっかり理解しているから。だからこそ、最初から最後まで張り詰めるような緊迫感が途切れないんです。ここ最近の邦画で、ここまでの緊張感を出せていた映画って、他にありましたか? 少なくとも、私は知らないですね。

この緊迫感があるからこそ、暴力団の構成員を演じる役者たちの演技にも凄みが出ます。
特に月永を演じる長谷川博巳と、敵のボス・安井を演じた安藤政信の演技には狂気すら感じられるほど、鬼気迫るものがありました。

人気と実力がある俳優を集めたからいい演技を見られるんじゃなくて、俳優陣のいい演技を引き出すには最高の演出が必要だっていうことを見せつけてくれていますね。おい、わかったか、「エヴェレスト」!!

その他、脇を固める俳優陣の演技もそれぞれ印象的で、中でも泉をそばで見守ってきた土井さんを演じた武田鉄矢の演技には心を掴まれてしまいましたね。
ラスト近くでの、「あいつらに...すまねえからさあ」というセリフの中の、「すまねえ」というたった一単語の読み方だけで、私の目から滝のような涙を流させてくれました。
「金八先生」をリアルタイムで観ていない私は今までただの暑苦しいおっさんだと思ってましたが、それは大きな勘違いだったみたいです。ごめんなさい!

唯一惜しいと思ったのが、他の実力派キャストたちに対して、肝心の主役・橋本環奈ちゃんの演技力が追いついていなかったという点でしょうか。いや、下手じゃないんですけどね、彼女からいい子オーラがあまりにも漂いすぎてて、どっからどう見てもヤクザの組長には見えなかったのですよ。歌は上手いと思いましたが、ちょっとイメージがなあ...というところだけですね。

しかし、最高の演出と抜群の台詞回し、橋本環奈ちゃん本人の持つ、好きにならずにはいられない愛嬌のおかげで、しっかりと「星泉」というキャラクターとして彼女を追いかけることはできました。今後経験を積んでいって、もっと素晴らしい女優さんになって欲しいですね。

兎にも角にも面白く、洗練された最新版「セーラー服と機関銃」、興行的にはかなりの大ゴケ、上映劇場自体も少なくなっているみたいです。こんなにも面白いのになぜ! もっとみんなに観てもらいたい、とってもオススメできる作品なのに!

「アイドル映画」とレッテルを張らずに、みなさんもぜひ、やっている劇場を探して観に行ってみてください!
ハラハラドキドキして、途中ではほろりと泣けるシーンもある、極上のエンタメ作品でございますよ!



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。