スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジモンアドベンチャー tri. 第2章 「決意」 ネタバレというかなんというか感想 待たせたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

haoudsf.jpg

オススメ度 ★★★



あらすじ


八神太一(花江夏樹)ら「選ばれし子どもたち」が「デジモン」と呼ばれる不思議なモンスターたちと協力し、もう一つの世界「デジタルワールド」を救った伝説の冒険から6年後。

「感染デジモン」と呼ばれる凶暴化したデジモンたちがお台場の街に現れてから時が過ぎ、街にも少しずつ平和が戻りつつあった。

「選ばれし子どもたち」は新たな仲間である望月芽心(荒川美穂)とそのパートナー・メイクーモン(森下由樹子)を加え、大江戸温泉物語へ遊びに行くことに。

しかしその中に、最年長である丈(池田純矢)の姿はなかった。
大学受験を控え毎日緊張の中で生きる彼にとって、再び「選ばれし子どもたち」として世界を守るために戦うことはさらなるプレッシャーとなってしまう。自分が負うべき責任とやるべきことの狭間で葛藤していた彼は、パートナーのゴマモン(竹内順子)との間にも少しずつ心の距離ができていってしまう。

それからしばらくたったある日、お台場に感染デジモンのオーガモンが現れ、街を破壊しようと暴れ出す。
そこに居合わせたミミ(吉田仁美)パルモン(山田きのこ)は、光子郎(田村睦心)の制止も聞かずオーガモンに立ち向かうのだが...

gqwbdjksfvf.png

感想


はい、今回もやってきました。懐かしさで20代の青年諸君を爆発四散させる、「デジモンアドベンチャー tri.」のお時間ですよ!

第2話目となる今作の主人公は、ポスターからもわかるように(毎回思うんですが、ポスター超かっこいいよね!)ミミちゃんと、そして前作ではほぼ全く活躍しなかった丈くん。

「これがみんなにとってのいいことだ」と思ったら1人で勝手に突っ走っちゃうミミちゃんは、クラスメートや他の「選ばれし子どもたち」から自己中心的だと非難されながら、自分なりの思いやりの心を見つけていき、
大学受験戦争まっただ中の丈くんは、親からの期待からのプレッシャーに反して伸び悩む成績に苦しみつつ、しかし感染デジモンの出現によって再び戦いに乗り出さなければいけないという責任の板挟み。その葛藤からどう脱却するのか、というまでを描いた物語になっています。

...なーんて書くと、ちょっと重くて深めのヒューマンドラマとなっているのかとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんがご安心を。
さすがにそこはデジモンです。子どもたちの苦しみはデジモンたちのかわいさでふわっと包み、ラストバトルでは超進化で悩みなんかは吹っ飛ばす! 実に爽快なものです。

それにしても、今回はサービスショットが多かったですねえ。
太一たち選ばれし子どもたちはみんなで「大江戸温泉物語」へ行くんですが、女子高生(略してJK)の浴衣姿を拝めたり、ぬいぐるみのふりをしたデジモンたちがキャーキャーじゃれ合う姿に悶えられたりと、
公開終了直後にDVDが発売となるこの映画をわざわざ映画館まで観に行く「大きいお友達」たちを満足させるには十分すぎる要素が揃っているではありませんか!

しかも劇中には、初代「デジモンアドベンチャー」で活躍したレオモンやオーガモンが再登場!
それも旧作のファンにはたまらないサービスと言えるのではないでしょうか。

gaisuvdk.png

特に今作で私が悶え死にしそうになったのは、丈くんに健気に尽くすゴマモンの姿ですね。
夜食のラーメンを頭に乗せて運んできてくれたり、戦う勇気が出ない丈くんに「オイラ待ってるから!」と優しく声をかけたり。ああ、ゴマモン...
しかしそんな優しいゴマモンの言葉も、今の丈くんにとっては辛いだけ。ついついゴマモンにきつい言葉を浴びせてしまうのです。
そんな言葉を受けても怒るのではなく、ちょっとしょぼんとした表情をして、なんだか納得したように部屋を去るゴマモンの姿がまた切ないんです。
「ああ、ゴマモォォォォォン!!」と心の中で血の涙を流しました。かわいい、そしてかわいそう! どうしたらいいんだ...

そんな中、今作ではおそらくシリーズを通しての黒幕となるであろう存在が明らかになります。
その後の展開はお約束通り。その黒幕が繰り出した究極体デジモンに対し、悩みを振り切った丈くんとミミちゃんのパートナーたちも究極進化して大暴れ!...というものです。

ちなみに映画を見た直後の私の感想がこちら↓


...はい。えーと、なんだかんだ言ってやっぱり知ってるデジモンたちが"Brave Heart"のBGMで進化していくシーンはテンション上がっちゃいますね。特にそのデジモンが自分で名乗るよりも先に名前を思い出せちゃったりした時の爽快感ったら半端じゃないです。

もう元も子もないこと言っちゃいますね。
私みたいな、まさに「選ばれし子どもたち」と同年代、「デジモンアドベンチャー」を小学校低学年〜中学年くらいの時に見ていた人からすれば、このシリーズにそんなシリアスな深みとか面白さを求めてはいないんですよ。

正直もう、"Butter-fly"聴きに行ってるようなもんですからね。
懐かしい主題歌/BGMを聴いて、知ってるキャラたちが昔みたく画面の中を大暴れして、それで気持ち良く勝利してくれちゃったならそれで満足なんですよ。

そういう意味で、この第2章「決意」にはわりと満足度が高かったです。
第1章「再会」の方は太一がやたらうじうじしてるわ、上映時間が約90分なのに、そのうち10分間くらいは破壊されたお台場のフラッシュバックを見せられ続けるという目的不明な映画だったのでちょっと心配だったんですが、今作ではファンサービス的な部分に特化しててくれてにやけ顔が治らないまま最後まで楽しむことができました。満足満足。

ということで今回の進展としては、
①黒幕が、昔倒したはずの「彼」かもしれない
②味方だと思っていたメインクーモンがまさかの...?
という部分が判明して終了しました。

えっ、それだけかよって? 展開遅くねーかって!?

いやだなあ、みなさんお忘れなんですか?
この「デジモンアドベンチャー tri.」は全6部構成なんですよ?

だいたい半年に1本公開のペースで、あと4本控えてるわけですからね! ということは、シリーズ終了予定はだいたい2018年の春ですか! もし「選ばれし子どもたち」がリアルタイムで歳をとってたらヒカリちゃんやタケルくんと同い年のはずな私も、その頃には27歳になるかならないかくらいになっちゃうな! はっはっは!!!

次回作「告白」は2016年9月公開予定だそうです。
可愛いデジモンたちに萌えて萌えて癒されたい大きいお友達のみんな! 次回作もぜひお楽しみに〜。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。