映画ブログは最高だ! みんなでブログを始めよう 〜ブログ一周年企画 第二弾〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

South Station

ブログ一周年企画第二弾!
上の写真は2011年に行ったボストンの中心となる駅・サウスステーションの入り口です。中にはいろんな食べ物屋さんがあって楽しいんですよ。

1年間映画ブログ(旅行記もやってますが)をやってきましたが、人生ちょっと変わったなあ、ブログやってて良かったなあ、と感じることばかり...というか、ほとんどそれしかありませんでした。
ブログをやるの自体は今回が初めてではなく、2年前までやってた時も、いつも「ブログやってて良かったなあ」とばかり思ってましたね。ブログって、それくらい楽しいものです。

ということで今回は、私がブログをやっていて感じたメリットや、私なりにブログを運営する時に気をつけていることをご紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、ブログを始めようか迷っている、興味があるという人がブログを始めるきっかけになれたなら、これ以上嬉しいことはありません。

それでは早速、みんなでブログを始めよう!



映画ブログを始めるメリット



とはいえ、ブログを始めたってどんないいことがあるんだよ。適当なこと言ってたら承知しねーぞ!...というジャイアン的なお兄さん方もいることでしょう。

ということでまず、ブログを始めるとこんないいことがありますよ、というのをご紹介していきます!

映画が趣味以上のものになる


映画好きの方はお分かりいただけるかと思いますが、映画を観たら自分の感想を誰かに語りたいじゃないですか?
でも、周りによっぽど映画好きな人で、なおかつ映画について語るのも好きな人でもいない限り、自分の中にもやっと溜め込んで終わり、という方も多いはず。

誰か一人に語れれば良い、自分の中で消化できれば良い、というのもありだとは思うんですが、もしあなたの感想を日本中、もしくは世界の誰かが読んでくれたりしたら、それってとっても素敵なことじゃないですか?

と思ったら、ブログです。Yahoo映画のレビュー欄でもTwitterでもなく、ブログです。

ブログがTwitterや映画サイトのコメント欄より優れているところって、
①長く書ける ②自分の意見に対するコメントなどをもらえる
っていうのが大きいと思うんですが、私が何よりも思うのは、

自分が一人の発信者になれる
っていうことなんじゃないかなあと。

ブログとはいえ、管理人になるってことは一つのウェブサイトを持つ、ということであって、
ハンドルネームだったとしても一つのサイトを統治する、いわば主というわけですよ。

ブログを続けていくとアクセス数も増えていき、だんだんと継続して読んでくれる読者さんも出てきます。
継続して読んでくれるということは、あなたの記事を面白いと思ってくれているわけであり、あなたの映画に対する意見が、読者さんが映画を観るか否かの指標になっているかもしれないわけです。

インターネットの検索から来てくれる場合だってある...というか、続けていくとそっちからのアクセスの方が多くなってくるはず。
例えば、「〜(映画のタイトル) 感想」とgoogle先生に質問してみて、そのトップページに自分のブログが出てきたら感動的じゃないですか? もはやちょっとした有名人になった気分すら味わえるかもしれません。

その時、映画を観ることはただの趣味の域を脱却してくるはずです。
読者の方々だけでなく、インターネットからくる多くの方々に、自分の意見を参考にしてもらえる。自分の文章を面白いと言ってもらえる。

これって最高じゃないですか?
実際私自身、もともと好きだった「映画を観る」という行為そのものにもさらにハリが出て、感想を書くために今まで以上に幅広い映画を観るようになりました。

映画ブログを始めるということは、映画鑑賞という趣味にさらなる深みと楽しみを与えてくれるというわけです。ああ、素晴らしい...


お小遣いが稼げる(かもしれない)


ブログでは記事を書いて公開するだけでなく、なんとお小遣いまで稼げちゃいます!...と言っても、やり方によりますが。

私のブログではPC版だとサイドバーの下の方と記事下、スマホ版では記事下に「Google Adsense」という広告をくっつけています。
これは、立ち寄った読者さんが広告をクリックすると管理人に収入が入ってくる、というシステムの広告。

私自身はそこ目当てではなく見ばえ目的くらいで貼っているのであんまり収入は多くないですが、もっとクリックされるように意識して広告を貼れば、もっと大きな額がもらえますよ、っていうのもどっかで見たことがあります。
私は記事上とか記事の中に挟み込んだりはしたくありませんが。記事が読みづらくなっちゃうので。

それでも先々月は3,500円くらい先月は4,500円くらいの収入がありました。
おそらくもっと収入を意識している方なら、月に万単位で稼いでいる方もいることでしょう。

そこを目的にしちゃうのは違うかな、と私自身は思いますが、でもやっぱりちょっとでもお金が入ってくると嬉しいものです。

私自身は広告収入を「原稿料」だと思うようにしています。
1日150円とか200円だとはいえ、私のブログの場合は記事の下の方までスクロールしていかないと、クリックもなにも広告自体が表示されないわけで。
ということは、私の記事を途中ないしは最後まで読んでいただいた上で広告をクリックしてくださっているということ。

私は毎日寝る前にGoogle Adsenseの管理ページから1日の収入を見ているんですが、ちょっとお金が入っていると、「あっ、誰かが私の記事に価値を見出してくれたってことなんだな」と嬉しい気持ちになります。それだけでもブログを続けようっていう気持ちが湧いてくるってもんです。

今はGoogleから入ってくる収入の残高が100,000円を超えたら振り込んでもらうように設定しています。
いつになるかはわからないけど、それまで頑張ってブログを続けて、お金が振り込まれたらそれで海外旅行にでも行って、またブログのネタにできたらな、なんて。

好きなことをしてお小遣いをもらって、そのお小遣いで楽しいことをして、またそれをブログに還元して...って、素晴らしすぎませんか。

っていうか私としては、私みたいな小さいこと言ってないで「俺は映画のレビューブログを作って、その広告収入だけで生きてくぜ!」っていうファンキーなプロブロガー志望さんが出てきてくれると、夢が広がっていいなあと思っているんですが。

どなたか挑戦者、お待ちしてます。そういう方が出てきたら、私は全力で応援します。




ブログ運営で気をつけていること



さて、ブログをやるメリットをたっぷり語ったところで、次にブログを運営する上で私が気をつけていることを語っていこうと思います。
と言っても大してアクセス数があるわけでもない当ブログの話なので、ネタ半分にお読み頂ければ。

人気/話題の映画はフレッシュなうちに


当ブログで一度、「どうやってアクセスアップすればいいんですか?」という質問をいただいたことがあります。

もともとからして、私ごときの弱小ブログにはアクセスアップについて偉そうに語れるほどのアクセスがないためその質問にはお答えできないんですが、そんな私でもアクセスを意識してやっていることが、一つだけあります。

それは、
「話題の映画は公開日に観て、翌日にはレビューをアップする」
というもの。

なんだかんだアクセスを集めてくれるのは、テレビCMなんかや豪華キャスト、人気シリーズ...などの要因で公開前から注目を集めている作品のレビューです。私の感覚だと、特に邦画が多いかな。
そういう映画が公開される日は、たとえ仕事が遅くなって、なおかつ翌日も仕事だったとしても観に行って、その日のうちにレビューを書き上げてしまいます。

日本での映画の公開日ってだいたい金曜日か土曜日なので、公開日の翌日も休みであることが多いです。
つまり、公開当日に記事を書き上げて、翌日の朝までに公開すれば、例えばGoogle先生の検索条件に「24時間以内(にアップされたウェブページ)」なんかを入れて検索してきてくれる人が増えるというわけです。

Twitterとか、映画のレビューサイトなんかに、ブログの記事へのリンクを載せて投稿したりすれば完璧ですね。注目の映画がちょうど「話題」であるうちに、「うちのブログではもう感想あがってますよ〜」と宣伝ができるんですよ!

「早く上げる」というのは、検索エンジンでの表示順位を上げる目的でも大事らしいです。この辺は私自身もよくわかってないですが。

私がたくさんの人に見てもらうためにやっていることと言ったら、これくらいかなあ...?

もしアクセスを増やす秘訣をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
悪どいことでなく私の努力の範囲でできることだったら、ぜひとも試してみようと思いますので。


「自分らしい」感想を書く


ブログを書く上で、「自分を知識人に見せたい」とか「『わかってる人』だと思われたい」という気持ちを先走らせすぎて、かっこつけすぎた文章を書いてはいけません。

例えば、Yahoo映画のコメント欄なんかを見ていると、「あのシーンではカタルシスが訪れて〜」とか「あそこからのシークエンスが軽やかかつ繊細で〜」とか難しい横文字単語が並んでいるのをよく見かけます。

たしかにね。横文字単語を使うと頭良さそうに見えますしね。
私だって、例えばこないだ観た『エヴェレスト 神々の山嶺』とかでも

「阿部寛が死後にテレパシーを使い始め、岡田准一が『俺に取り憑け、取り憑け、取り憑けー!!』と叫び出すシークエンスはマジでカタルシスであった。

「阿部寛と岡田准一の心の叫びのハーモニーは、ガチでアンサンブルだ。

とか、難しい横文字を連発できたらかっこいい文章になるよなあ、と思うんですよ。え、「マジ」と「ガチ」は分類が違うって!?

でも、そういう文章って、個人ブログでやられると読みづらいし、
なんかちょっと鼻につきませんか? あ、本音が出ちゃった...

やっぱり一般人がやってるブログだし、読者の方々はちょっとの暇つぶしや軽い情報収集の目的で見に来てくださっているわけで、文章を読んでいる途中でGoogle先生にヘルプを求めないといけない文章に時間を使ってはくれないと思うんですよね。

それよりも、自分らしく話し言葉で正直な感想を書くことに時間を使った方が、自分にとっても読者さんにとってもいいはずです。

あと大事なのは、映画の感想を書く時に、
周囲の評価に流されない
ということですかね。

せっかく自分から発信できる立場にいるんだから、周りに合わせて媚び諂った文章を書いては面白くありません。
むしろ「周りが面白いと言ってても、俺がつまらんと言ったらつまらん!」くらいのスタンスでいた方が面白い文章を書けるかもしれませんね。

ブログを読みに来てくださる方の中には、「周りはあの映画面白いって言ってるけど、私はつまんないと思ったんだよなぁ〜...」と自分に共感してくれる人を探してきてくれる人もいるかもしれません。

そういう人とブログのコメント欄なんかで会話をして、感性が合う人同士、ブログや関連したSNSなどで映画について語り合える仲間もできるかもしれないじゃないですか?

ブログを書く時は、「自分らしい」文章になるよう心がけて書いていけば、自然と自分のスタイルが見つかっていくはずです。
変に肩肘張ってかっこいい文章を書くよりも、自分に素直な文章で書くようにした方が、ブログを書くことそのものも楽しくなってくるはずですよ!



あなたもブログを始めよう!



さて、ここまでブログ運営について語ってまいりましたが、皆さんもブログ始めたくなってきましたかね?

何、ブログって設立が大変そう!?
え、毎日書いてるほど時間を持て余してない!?

何をおっしゃいます! ブログを設立するのはとっても簡単で、もちろん毎日なんて書かなくていいに決まってじゃないですか!

やるべきことは、
①登録するブログサイトを選ぶ
②ブログのタイトルや自分のプロフィールを決める
③書き始める!

この3つだけで、立派なブログになるんですよ!

ということで、ブログを始めるのをご不安に思ってらっしゃる皆さんのために、最後にメジャーな無料ブログを2つほどご紹介していきましょう!

*スクリーンショットをクリックすると、各ブログ登録サイトにジャンプできます。


FCブログ



FC2ブログ

当ブログで利用させて頂いているFC2ブログさん。

他のブログは使ったことがないので比べるのは難しいんですが、テンプレート選択やSNSとの連携が簡単で、私はただただ文章を書けばいい、みたいなスタイルが機械オンチにも優しくって助かっています。

同じくFC2ブログをやっている方の足跡なんかも見られるので、そこから面白いブログをいろいろ見つけることもできるので楽しいです。

ほんっとに記事を書いてれば、特にメンテなんかもいらないので、とにかく楽です。私みたいなど素人でも、前やってたブログと合わせるともう4年間くらい? ずーっと居心地よく使えてます。

注意すべきところは、1ヶ月間記事を更新しないと、ブログのトップページに広告が表示されちゃうところくらいですかね。
まあ月に一回「あ」だけの記事でもあげれば広告は消せるので。むしろ「月に一回は更新しなきゃ!」っていう気持ちが湧いて、良い仕様と思えなくもない?


はてなブログ



はてなブログ

こちらも無料で作れるブログさん。
はてなブログさんには「はてなブックマーク」という便利な機能があって、なんでもそこで3人以上のお気に入りに選んでもらうと「人気エントリー」という場所に乗って、一気に大量のアクセスを稼げるんだとか。

テンプレのデザインもすっきりしてるのが多いし、ブログの記事のサムネとかもスマートに挿入できるし、慣れてる方には結構良さそう。私自身も一回お引越ししようかなあと考えたことがあるんですが、引越しが難しそうなんでやめました。



はい、ここまで長々と語ってきましたが、いかがでしょう、ブログやりたくなってきましたかね?

ここで最後に一つ。
私のブログにも、ごくたま〜にではありますが、
「お前の感想はつまらない」とか「ここの考え方は間違っているので訂正してください」というコメントをいただくことがあります。

そういう時こそ思うのが、その方々もブログを始めた方がいい、ということです。
ブログだって全世界に公開している以上、我々ブロガーが映画について勝手な悪口を言いまくっていることについての不満を持つ人だって出てくるわけです。それはわかるんですけど。

でも、他人の感想に対して不満があるという時。他人の感想を読んで、どうしても文句を言いたくなった時。
そういう時こそ、ブログを始めるべきなんじゃないでしょうか。

映画に対して文句を言って、「じゃあお前にこのレベルの映画作れんのか?」と言われたらぐうの音も出ませんが、
映画のブログに対して文句を言って、「じゃあお前にブログ書けんのかよ」と言ったら、それは書けます。誰にだって書くことができます。

つまり何が言いたいかというと、映画好きだけれど、周りに自分の映画の感想をぶつけられる環境がない。
ネットを見れば素人くさい奴らが、好き勝手に役に立たない意見を撒き散らしてやがる...なんて思っている人は、全員ブログを始めた方がいいということです。

そしたら、ネットで自分からしたら絶対許せない意見を言っている人に、「俺のブログを読んでみろ。」と自分のブログのURLをはっつけてやりましょうよ。そうやってどんどん面白いブログが増えていって、読者さんにも選択肢が増えていくなんて、まさにWin-Winな関係じゃないですか。

もしブログをやっている方でこの記事を読んでくださった方がいらっしゃったら、この記事のコメント欄なんかから教えてください。

私、ほんとうにど素人なもので、いつも他のブログを見に行っては「はー、みんなよくこんなに面白い文章書けるなあ」と感心しっぱなしの毎日なもので。なので皆さんのブログを読んで、もっともっと勉強していきたいんです。

私自身も、他のブログさんからご紹介いただいたのをきっかけにたくさんのアクセスをいただけるようになりましたしね。
私のブログへのリンク元を辿っていくと、私の記事へのコメントとリンクが貼ってあったりして。そういうのを見かけた時は、思わず感動しちゃうってもんです。

ブログってとっても素敵ですねえ...ってなんだか宣伝みたいになっちゃいましたが、とにかく言いたいことは、みんなでブログ始めましょう、ってこと! 楽しいよ!

これからも、みんなで楽しいブログライフを〜!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/04/13 (Wed) 19:08
    にとり #X.Av9vec - URL
    No title

    自分もみんなにブログ書いて欲しいと思いつつ、
    UCさんのこの記事を超えるものを用意できないので、せめてこのページを普及させたいです(小並感

    UCさんの記事読んでいて自分もAdsense始めようかと思うようになりました。
    他にもスマホページが編集できるfc2ブログに引っ越ししようかとかもっと見やすいページにできないかとか色々考えさせられました。
    相変わらず素晴らしい記事です。脱帽。

  • 2016/04/13 (Wed) 22:46
    UC #- - URL
    Re: No title

    にとりさん

    いやいや私の記事なんて全然ですよ!恐縮です...

    Adsenseは一回始めたら置きっぱなしでいいので楽ですね。
    livedoorってスマホ版サイトの編集できないんですか!? 意外!
    fc2もスマホ用テンプレもっと充実させてくれるとありがたいんですが。ネットで配布してるテンプレは適用方法がわからないしなあ...(ただの機械オンチ)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する