スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜人 -衝突- ちょっとだけネタバレ感想 決戦の行方。

このエントリーをはてなブックマークに追加

likfjghsdfkhjvg.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


17年前のアフリカで、「神の兵」と呼ばれる不死身の兵士が捕えられた。
死亡後に即座に体を再生する不死の存在である彼は“亜人”と呼ばれ、その後に世界で46体が確認された。

それから17年後の日本。

ある日、交通事故に遭った高校生の永井圭(宮野真守)が死亡直後によみがえり、国内3例目の亜人であることが発覚する。

一度は政府に捕らわれ、あらゆる暴力的な方法で殺され続けるという恐ろしい実験の対象となってしまった圭だったが、謎の帽子の男・佐藤(大塚芳忠)の協力を得てなんとか脱出。

しかし、亜人ではない人間に対して異常な敵意を持ち、残忍な方法で目的を達成しようとする佐藤のやり方に賛同できなかった圭は佐藤と対立。命からがら逃げ出した彼は、海へ飛び込んだ。
そして圭がたどり着いた先は...

一方の佐藤は、騒ぎを聞きつけて集まった報道陣に対し、亜人の権利を涙ながらに訴える。
しかし彼の目的は一般人の心に訴えかけることではなく、日本中に潜伏している亜人たちを決起させることにあった。

その数日後、日本全国に潜んでいた亜人7人が佐藤のもとに集結する。
そこで語られた佐藤の真の目的は、なんと国家転覆を狙う、大規模なテロ行為だった...

qwhgdskbjajsol.jpg

感想


慈悲の心もなければ、センチメンタルな展開なんてもってのほか。そこにあるのは極上のスリルとスピードだけ。

スリラーとしてはあまりにもよくできすぎていた前作「衝動」に続く「亜人」三部作の第二弾となる今作「衝突」は、前作に引き続き圧倒的なテンポの良さと迫力ありすぎなアクションシーンで魅せるSFスリラー。

私も観終わってからインターネットでいろいろ調べるまで、テレビアニメ版の総集編だなんて一切気づかなかったほどなのです。
*5/10追記コメント欄で以下のご指摘いただきました...なるほど!
亜人は劇場版の制作ありきで進められているため、厳密にはテレビ版の総集編ではありません。
テレビ版はどっちかというと劇場版の補完という意味合いが強いですね。


前作「衝動」の続きとなる今作では、不死身の人類「亜人」であることが発覚し、国民全体から追われる身となった主人公・永井圭(宮野真守)が政府による恐怖の人体実験を抜け出し、なんやかんやあって危険な思想を持った亜人グループのリーダー・佐藤(大塚芳忠)と対立してしまったところからスタートします。

海に飛び込んで佐藤との戦いから逃れた圭くんは、どこなんだかよくわからない田舎の山中にたどり着きます。
そこで偶然出会ったおばあちゃんは、圭の正体を知らないみたい。おばあちゃんの荷物を持ってあげたことをきっかけに、彼女の家でしばらく住まわせてもらうことになります。

この辺の圭くんがまたいいですねえ。
子どもたちのことを人間としてすら見ていないような母親に育てられたというバックグラウンドもあってか、かなーりサイコパスな部分が目立つ圭くんなんですが、この時自転車で衝突してきたおばあちゃんを見て、「勝手に転んだのが悪いんだ...」と自分に言い聞かせながらも結果的に助けて、しかも家まで荷物を運んであげるっていう、本質的には優しい部分を隠しきれていないのがかっこいいんですよ。

その後、結果的におばあちゃんにも正体がばれちゃうんですが、それでも変わらず優しく接してくれるおばあちゃんに涙...
圭くんはおばあちゃんの家に匿ってもらいながら、亜人が持つ「IBM」という黒い戦闘型幽霊(?)を繰り出す特殊能力の修行に励むことになります。

この「IBM」ってなんで出せるの? っていうかそもそも「亜人」ってなんなの? とか様々な疑問が私たちの頭には浮かんでくるんですが、
この映画の素晴らしいところもう一つは、
その辺の疑問点への答えを導こうという気持ちが微塵も感じられないところですね。

亜人の能力はこうで〜 IBMの特徴は〜っていう設定に関する言及はあるんですが、そもそも上に挙げたような根本的な部分に関しては
「亜人」はとにかく不死身な人類っていうことなんだよ!
IBMはIBMなんだよ!
みたいな潔さが感じられることに逆に好感が持てます。中途半端にがっかりな答えを持ってこられるより、全く言及されない方がいっそ清々しいわ。

qwsbdfhsdbzfvs a

しかしその裏では、佐藤による恐ろしい計画が進行していました。
佐藤の計画とは、亜人、ひいてはその代表である佐藤本人による国家の統治。
つまりは国家転覆を狙った、大規模なテロ行為だったのです!

そのため、佐藤は現在の亜人弾圧の風潮の中で生き辛い思いをしている亜人たちに協力を募ります。
不死身の兵隊...映画やマンガでもたまーに見かける設定ですが、大体の映画では感情のないロボットだったりゾンビだったりすることがほとんどですが、今回は感情を持って、しかも自分たちにひどい扱いをする一般人たちへの恨みを募らせた人間です。

そんな彼らが結束しちゃったら、日本は大変なことに...
しかし、全員がそんな危険な思想に賛成するはずもありません。当然佐藤に反対した人だっているわけで。

そのうちの一人が、ちょっとおバカな筋肉マン・中野攻(福山潤)
佐藤の追っ手を捨て身の死に死に戦法で逃げ出した彼は、テレビで見かけた圭くんに佐藤と戦う協力を求めるべく、圭くんが潜伏する田舎へと向かいます。

攻くんの逃げっぷりもまたたまらなかったですね。
死んでもすぐに生き返るという特性を利用してビルの高層階から飛び降りて逃げたり、銃撃されて足を怪我したところを、近所のお節介なおばちゃんのファインプレーによってなんとか逃げ延びたり、様々な要素が混じり合って「捕まりそうだけどギリギリ捕まらない」というハラハラドキドキの展開を生み出すことに成功してました。

で、山中でなんとか圭くんを見つけた攻くんでしたが、肝心の圭くんは佐藤と戦う気なんて一切なし。
おばあちゃんと暮らす今の静かな暮らしが気に入っているんだから邪魔するな、くらいのテンションで攻くんを追い返そうとしてしまうのです。

それどころか、なんと圭くんは攻くんに毒キノコを食べさせて、崖にぶら下がっているトラックの中に攻くんを閉じ込めてしまったではないですか! ああ、なんて恐ろしい...

彼らが山中で呑気なことをしている間に、都市部では佐藤による攻撃がついにスタート。
爆弾でビルを倒壊させ、警察の特殊部隊を慣れた様子でどんどん殺害していくのです。

kjhvcghkjhghk.jpg

佐藤のテロ行為を受けて、国内では亜人弾圧の風潮がより強まります。
それに伴い、圭くんの捜索にも力が入ってくるわけで。その後、とあるきっかけをもって圭くんの居場所が警察にばれてしまうのですが...

閉じ込めていた攻くんを助けつつ逃げる圭くん。
佐藤のせいで、おばあちゃんとの平穏な暮らしを奪われてしまったことから、攻くんと協力して佐藤を止めることを決意します。

この辺の流れからもわかるように、今作ではまだ佐藤vs圭くんの直接対決は一切ないんですよ。
やっぱり三部作のラストに繋がる物語だけに、嵐の前の静けさ的な作品に...という風には一切なっていないのが本当に素晴らしい。

佐藤の一団が警察を次々と殺害していく様子には身も凍るほどの恐怖を覚えるし、
圭くんと攻くんの逃走シーンにも、相手側が殺すことをためらわないこともあってかスリルは満点です。

三部作の完結編となる「衝戟」は9月23日公開です。
果たして圭くんは佐藤の計画を阻止し、平穏な暮らしを取り戻すことはできるのでしょうか...

ってあれ? 一人大事な人を忘れてません!?
そうですよ、最初に圭くんを助け出すも、携帯電話を奪われた上に山中に置き去りにされるっていうとんでもない目にあわされた海斗(細谷佳正)くんですよ!

あの後結局、亜人の逃走を手伝った罪で逮捕され刑務所行きにされちゃった海斗くん...
でも、同じ集団部屋に入れられた若者に
「圭は友達だ、初めての。あいつがいらないって言うなら、俺は引く。でもあいつに何かあれば、必ず助けに行く」
と語る印象的すぎるシーンで今作は幕を閉じるんですが...

い、イケメン!!
かっこよすぎるでしょ、こんなん。なに、あんなやる気なさそうな感じで実は優しいっていうか情に厚すぎる感じ。女子よりも男の方が「あんな親友欲しいわ」って妄想しちゃう率高いんじゃないですか?

いや、もうとにかくどうでもいいから
カイくん、私を抱いてください(問題発言)



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

  • 2016/05/10 (Tue) 16:05
    にとり #X.Av9vec - URL
    No title

    亜人は劇場版の制作ありきで進められているため、厳密にはテレビ版の総集編ではありません。
    テレビ版はどっちかというと劇場版の補完という意味合いが強いですね。

    2部もテレビ版と異なりBGMとかの使い方が異なりましたし、スピード重視でありながら話がわかるようになっているのがいいですね。

    あと国防総省の人間が森川智之と坂本真綾という大物声優で、ポスターにも主要キャスト扱いでクレジットされているけど、原作単行本の最新刊でも一切目立ったことしてないので3部はオリジナル展開になるのか果たして…3部も楽しみです。

    あと、EDが1章と同じく次回のネタバレ仕様になっていましたね。
    原作にあるシーンも有りますけど、やはり国防総省の2人が出すぎだからやっぱりオリジナル展開になる気がします。

  • 2016/05/10 (Tue) 23:03
    UC #- - URL
    Re: No title

    にとりさん

    なるほど、劇場版ありきでのテレビシリーズだったんですね! さっすがにとりさん、お詳しい! 記事、修正させていただきました!
    テレビ版もちょろっと観たんですけど、BGMの使い方は確かに違ってるように思いました。映画版の方がカッコよかったような?

    次回も超楽しみです! 原作読みたい気持ちをぐっとこらえて、あと4ヶ月待たないと...

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。