スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなと補聴器さんで、カスタムIEMをリフィットしてもらったよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、唐突に思い立って関西へ遊びに行ってきたんですよ。
偶然2連休があったもんで、ホテルも2日前に取ったりと超適当、全くの無計画で旅立ったわけなんですけど。

別に観光したいところがあるわけでもないし、買い物をしたいわけでもない。
じゃあなんでわざわざ関西に...って感じなんですけど、今回はとある理由がありまして。


カスタムIEMが耳に合わない!



実は私、とある理由から、昨年KickStarterの企画で購入したカスタムIEM、

64 Audio ADEL A10
(レビューはこちら! http://tyfm13.blog.fc2.com/blog-entry-24.html)

の右耳を失ってしまいまして...
で、最近やっと正規代金の半額を支払ってリメイクをしてもらったわけなんですが...

キツい! キツすぎる!!

P6290114.jpg
↑A10のドライバ配置はちょっと面白いのです

前はちょっとゆるめのフィットが逆に心地よくて、音の聴きやすさも含め「これさえあれば他いらん」くらいのお気に入りの機種だったんですが、
帰って来た(?)A10の右耳は超キツキツ! 5分も着けてたら顎がミシミシ鳴ったり頭痛がしたりするレベルのキツさだったのです。

それだけでも辛いのに、さらに拍車をかけるのは、左耳は相変わらずゆるめのフィットのままという事実。
片耳ずつで遮音性が違うので、感じる音の圧が全然違うんですね。フィット感だけでなく、音まで気持ち悪くなってしまうという、全然望んでいなかった結果になってしまったわけでして...

メーカー保証のリフィットに出すのもいいんだけど、やっぱり紙に書き出しただけじゃあどこがどれくらいきついのか、っていう細かいニュアンスまではなかなか伝わらないし、何より時間がかかっちゃう!

メーカーのリフィットって正味、

①メーカーにIEMを送り返す (約3〜5日)
②メーカーでリフィットの作業をしてもらう (約1〜2週間)
③IEMを返してもらう (約3日)

って感じの流れなので、リフィット出すだけでも3週間くらいはかかっちゃうんですよ。
で、帰って来たIEMがまだ全然合ってなかった時とか、自分の思い描いてたのとは全然違う感じになっちゃってたりすると、いつまでも上記の流れを繰り返すことになっちゃうわけです。

何かいい方法はないものか...と思案していた私ですが、

そうだ! 日本には一箇所、海外メーカーのカスタムIEMを、何と対面でリフィットしてくれる補聴器屋さんがあったではないですか!

それこそが私が今回関西へお出かけした最大の理由。
兵庫県にある、

みなと補聴器さん
(公式サイト: http://www.minato-hochouki.com/iem)

というわけです!
いやー、対面で自分の要望を聞いてもらいながらリフィットができるって、カスタムIEM愛用者なら一度は夢見るものなんじゃないでしょうか?

かくいう私も、実はお世話になるのは2回目。
最初に言っちゃうとこれ、とっても素晴らしいサービスです。

失礼になると思ったので店内の写真はあまり撮れませんでしたが、皆さんに少しでも対面リフィットの素晴らしさが伝わればこれ幸い。
それでは早速、みなと補聴器さんへレッツゴー!!



みなと補聴器さんへ行こう!


P6270097.jpg

みなと補聴器さんの店舗は、神戸の中心である三宮駅から阪急電車で3分、阪急春日野道駅からすぐのところにあります。
三宮駅周辺の賑わいが嘘のような、とってもローカルな商店街を進んでいきます。

P6270098.jpg

ここまでくればあと30秒! だんだんローカル臭が増していく中...

P6270099.jpg

見えてきました! みなと補聴器さんの店舗です!
ちゃんと予約してから行きましょうね。

中では気さくな店主さんがお出迎えしてくださいます。そういや私、二回目だというのに店主さん(いや、社長さん?)のお名前をお伺いしてなかった...

早速IEMを取り出し、どのようにしたいかをお伝えして作業開始です!

P6270100.jpg

こちらテーブル。
作業台っぽくなってますが、実際にシェルを削ったり盛ったりする作業は、後ろにある専用の機械のところで行われているようです。

私は今回、A10の左側を太く、右側のシェルを削って頂いて左右のフィット感を整えたい、と伝えました。

基本的に作業の対象となるのはカナルの根元の部分など、メーカーさんがフィット感を出すために多めに持っている部分を調整する感じになるみたいです。


P6270101.jpg

少しずつ削りながら、フィット感を確かめつつ作業を進めていって頂けるので、一回盛ったり削ったらそこで終了ということは全くないので安心ですね。

その中で、「今はどの辺がきついです」とか伝えつつ自分の理想の形に近づけていって頂けます。これってメーカー公式のリフィットじゃ絶対できないことなのでほんとにありがたいです。

あと、作業中に聞かせて頂けるカスタムIEMの裏話なんかもとっても興味深いですね。
私は3Dプリントシェルと手作りシェルの見分け方とか、あとはなんとカスタムIEMの代理店のちょっとした裏話とかまで聞かせていただけたりとか。

しかもなんと、2年前にたった1時間作業をしてもらっただけの私のことを覚えてるどころか、
なんと1年半前に閉鎖しちゃったブログのハンドルネームなんかまで覚えてくださってたのはほんとにびっくりしました。
ブログ閉鎖の裏話を誰かに話したことって今まで一度もなかったので、話せてやっっっとすっきりした気がします。ありがとうございました。
ほんとは内緒にしてなきゃいけなかったんですけど、もう時効!


...というところであっという間に1時間は過ぎて、作業終了!
さて、私のA10ちゃんは一体どうなったのか...?

P6290113.jpg

こちらが完成品!

き、綺麗!!
よーく見ると、シェルの内部に継ぎ足した跡が見える部分もありますが、ぱっと見だと全くわからないです。

このままメーカーに修理に出したって、保証外の作業したってわからないんじゃない? ってレベルです。

フィット感に関しては作業前よりもだいぶ良くなりました。
ゆるゆるだった左耳はしっかり耳にひっかかるようになったし、右耳は痛みが緩和された感じがします。

もちろん100%理想通りになるわけじゃないですが、それでもしっかり効果は感じられます。
むしろメーカーのリフィットよりも、自分で出来を確かめながら作業を進めて頂けるので、希望した形により近づける感じはあります。

これをやっちゃうとメーカーの保証が一切効かなくなっちゃうので、何が何でもオススメってわけではないですが、
メーカーのリフィットに何回出しても上手くいかない! っていう方は、こちらを試してみてもいいかもしれません!



というわけで、いろんな意味で大満足だったみなと補聴器さんでの対面リフィットはこれにて終了!
旅の最大の目的が達成できてよかったよかった。

みなと補聴器さんの対面リフィットのお値段は1万円ちょうど。
どうしてもフィットしないカスタムIEMにお悩みの皆さん、一度みなと補聴器さんへのご相談を検討されてみてはいかがでしょう?




おまけ: 関西グルメ



残りの滞在では、関西グルメをちょっとだけ楽しんで参りました...

P6270103.jpg

1軒目は、神戸牛を一頭買いしているがゆえ、安く提供できるのが売りという

吉祥吉
公式サイト: http://www.koubegyuu.com/shop/kisshokichi-nankinmachi/

のステーキ丼! ちょっとレアな食感がたまらなく甘くて美味しかった〜!
立ち食いスタイルで気軽に食べられるのもグッド!

P6280112.jpg

もう一つはおなじみ、

551 HORAI
公式サイト: http://www.551horai.co.jp

の豚まん! これまたあんが甘くて美味しいのですよ...帰りの移動の中で美味しくいただきました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。