ニュースの真相 (Truth) ネタバレあり感想 勇気を。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ahsdginvbpadg.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指していた2004年、テレビ局CBSで「60ミニッツ」という報道番組を手がけていたプロデューサー、メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)のチームは、ブッシュ大統領に関するとある疑惑を取り扱うことを決める。

なんとブッシュ大統領はベトナム行きを避けるため、コネを使って空軍に入ったが、空軍でも務めを果たすことなく空白の時間が見られるという、軍歴詐称とも言える大きなニュースだ。

番組の放送まではわずか数日間しかない。
しかしその中で必死に有用な情報を集め、局からプレッシャーをかけられつつもなんとか番組をものにすることに成功する。

長年司会を務めてきた司会者ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)の持つ国民からの厚い信頼も手伝って、番組はアメリカで大反響を呼ぶ。

しかし、その反響はどんどん悪い方向へと向かっていく。
ネット上で保守派の有名ブロガーたちが、番組で取り上げられた書類の不自然さを指摘。
番組で紹介された証拠には何の信憑性もない、いわゆる証拠捏造ではないかと言うのだ。

それを受けて事態は急変。メアリーとダンたちは、自分たちの番組の信憑性を決定的なものとすべく対処に追われるのだが...

aedipnbad.jpg

感想


「ラザーゲート事件」って聞いたことありますでしょうか。

2004年、大統領選のちょっと前に起きた事件で、簡単に言うとテレビ局のCBSでやってたテレビ番組がブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑を報じたんですが、そこで使われていた証拠が捏造なんじゃないかと、なんとブロガーさんたちが指摘したんですね。
それがきっかけとなって、最終的にCBSは証拠として使われた書類が本物だということを証明できず、事件は終了したわけなんですけど。

アメリカではビッグニュースだったはずなのに、日本ではあまり話題になりませんでしたよね。
当時中学生で政治には全然興味なかった私にも、ネット上で目にするたび気になってたニュースではあったんですよ。
だって、ジャーナリストが足を使って集めてきたスクープを、内容が気に入らなければ、自宅にいながらにして簡単に捻り潰せちゃうってことが証明されちゃったわけじゃないですか?

今作「ニュースの真相」は、そのラザーゲート事件について、スクープを報じた番組「60ミニッツ」のプロデューサーをしていたメアリー・メイプスさんが綴った自叙伝を元に製作された映画。

ジャーナリズム史上最も不名誉な事件の一つを、番組製作に携わった人間たちの目線から描いたこの作品を観れば、おそらく多くの人は、今年のオスカー作品賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」を思い出すのではないかと思います。

たしかにどちらの作品も、勇気あるジャーナリストたちが圧力に屈することなく、自分の信じる正義に向かって奮闘する物語なんです。
でも、その実、2つの作品はかなり対照的なんです。

というのも、「スポットライト」でのジャーナリストたちは編集部からの「早く出せ」という要望に対し、きっぱりと断って時間をかけて調査した結果、その正確な情報が全米で黙殺されてきた不都合な真実を暴くこととなった...っていう、ジャーナリズムの「勝利」のお話だったんですが、

「ニュースの真相」の元となったラザーゲート事件においては、上でも述べた通りジャーナリストたちが集めてきた資料は結局捏造だっと結論づけられ、今作の主人公となった人々は事件の責任を取る形でCBSを去っているし、
作中で描かれる話の大部分も、自分たちが起こしてしまった大火事の火消しに奔走する姿という、「敗北」した人々の目線で語られる話だからです。

そもそも何でメイプス女史は捏造であるとすぐに指摘されてしまうような情報を掴まされ、じっくりと検証してから放送するということができなかったのか? というのが前半のお話です。

メイプスさんは今回、「60ミニッツ」のネタとしてブッシュ大統領の軍歴詐称を取り扱うことに決めます。
時は2004年、大統領選を間近に控えたアメリカです。これが明らかになったら、アメリカ人のブッシュ大統領への信頼は一気に落ち、再選は困難なものとなるでしょう。

しかし彼女が扱っているのはテレビ番組。
番組製作にかけられる時間は非常に短く、情報がやっと集まりだしたところなのに、番組の放送は3日後だと宣告を受けてしまったりと、「スポットライト」とは真逆で「世紀のスクープ」を世に出すまで全然時間をかけられなかったというわけです。

eahidnovsadz.jpg

番組の放送直前になってもまだ映像は出来上がっておらず、やっとできたと思っても、放送時間やCMの関係から、局の上層部からは大事な部分も容赦なくカットしろと言われる...

それでもなんとか映像をものにし、放送までこぎつけたメイプスさんたち。
結果、番組の内容はたちまち全米中の大ニュースとなり、「ブッシュ大統領の不祥事を報じるニュース番組を特集するニュース番組」なんていう奇妙な現象まで起きるほどでした。
一時の勝利に酔う番組のチームでしたが、その喜びは一瞬にして終わりを迎えます。

番組が放映されてすぐ、CBSには批判の声が大量に寄せられます。
なんとインターネット上で保守派のブロガーたちが、番組で使用された書類が捏造であるという証拠を次々と挙げ始め、メイプスさんたちのニュースがまがい物だということが世間にたちまち広がってしまったわけです。

その証拠というのが、番組で使われた書類の書式がMicrosoft社のWordで打たれたものと完全に一致し、しかもタイプライターでは打つことのできなかったはずの文字が使われている、というもの。
つまり、メイプスさんたちが足を使って手に入れてきた証拠品が、自宅から出ずにテレビとパソコンの画面に向かって検証をしただけの人たちによってあっさりと覆されてしまったというわけですね。これはなんとも衝撃的な展開と言えるのでは。

それを受け、テレビ局の上層部は一瞬にして態度を翻し、すべての責任はお前たちにあるんだから、お前らの集めてきた情報が本物だという証拠を持ってこい、と命令してくるんです。

そこでメイプスさんたちは、彼女らに情報を提供してくれた人々に、今度はテレビの前に出て話をしてくれないかと依頼して回ることになるわけですが...

ここからの流れ、見る人によってはとっても意見が分かれそうなんですよねえ...
これを製作に携わったメイプスさんが裏側を語った、これこそ真実(Truth)の物語だと信じられるか、
それとも、不十分な情報収集をしてしまったのは自分たちなのに、それを提供者たちのせいだと言い訳をするために作られた物語だと感じてしまうかによって捉え方が変わってきてしまうと思うんです。

物語の後半、メイプスさんは弁護士団に呼び出されて詰問を受けます。
弁護士団の質問の中には、「あの番組にはあなたの政治的嗜好が表出していたように思えます。あなたは大統領に不利な情報を得ようと必死で、だから自分の目的に有利な書類を見つけた途端、ろくな検証もせずにテレビで放映したのではないですか?」というものがありました。

これは半分事実であるが劇中で言及されます。
メイプスさんは前の大統領選の時にもこの疑惑を追っていましたが、その最中に最愛の母を失ったために調査は中断、そのまま大統領選を迎えてしまった...という過去があったため、今回の調査にも躍起になっていたというわけです。
しかし、それが彼女の左翼的な政治嗜好がそのまま表出したものでもないのではないでしょうか。

上の質問に対してメイプスさんは、「今はみんな、話の趣旨が気に入らなければ、書式がどうだなどと細かいところから騒ぎ立て、最後にはなんの話だったかを忘れてしまうじゃない」と力強く返します。

ここもまた捉え方が分かれそうですよねえ。だって、確かにその話の「趣旨」というのが真実だと証明されるならば問題ないけれど、結局嘘だったとしたらとんでもないことですからね。

しかし、そう語るメイプスさんを演じたケイト・ウィンスレットの目はあまりにも力強く信念に満ちていて、実際のメイプスさんだってジャーナリストとして、純粋に真実を知りたいという気持ちに従って行動したんだろうと信じずにはいられなくなるんです。

結果、この映画の中では...というか現実においても、ブッシュ大統領の軍歴詐称が真実だったのかは明らかになっていません。
だから、"Truth(真実)"と名付けられたこの映画において主人公たちが必死に調査した内容は、もしかしたら本当に捏造された嘘の話だったかもしれないんです。

ただ一つだけ、この映画で語られるまぎれもない真実は、利益を優先するテレビ局の不条理さです。
メイプスさんたちとしてはもっと時間をかけて確実な番組を作りたいと思っていたところを、放送の都合のために無茶苦茶すぎる締め切りを設け、情報の信ぴょう性を高めるために必要な情報もCM時間の確保のためにどんどんカットさせて無理に放送した挙句、
問題が発生したらすぐに番組制作に関わった者たちにすべての責任を押し付け、最終的には彼らを解雇することで話を終わらせる...っていう。

この映画の中では、ジャーナリストたちが勇気を持って闇に切り込んでいくこと、疑問に思うことは納得できるまで質問をし続けることの大切さをどこまでも熱く語ると同時に、
上に挙げたテレビ局の恐ろしい真実を暴き出してしまうという二つの「趣旨」があったように思えます。

でも、この映画を観て、「脚本の進め方が〜」とか「俳優陣の演技がダメで〜」なんて、「趣旨」に関係のない部分を騒ぎ立てたくなるか? いえいえ、演技も脚本も熱く輝いていて、この夏最も大きな感動を呼んでくれる作品となっていますよ。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

  • 2017/08/27 (Sun) 02:11
    # -
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

2016/08/23 (Tue) 12:58

追い詰められる。ケイト・ブランシェット扮する報道ジャーナリスト、メアリー・メイプルが取材対象を追い詰め、メアリー・メイプルが為政者が発した力により追い詰められる。真実とは何か?ただそれを伝える使命を糧としているだけのはずなのに、生き様まで追い詰められていく。原題は「TRUTH」。だが、もしかしたら「COUREGE」でもいいかもしれない。「COUREGE」…それはベテランアンカーマン、ダン・ラ...

ここなつ映画レビュー - http://tokokonats.exblog.jp/25918080