64 Audio ADEL は apex にクラスチェンジした! で、実際どう違うのよ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

P9090150.jpg

周りの音を遮断して、大音量の環境下でいかに聞きたい音を正確に聞くかが命のインイヤーモニター。
その性質上、耳を密閉しなければいけないために鼓膜にダメージを与えてしまうのが問題の一つだったようなんですが、

それを解決したのが1964ears(現 64 Audio)がAsius Technologiesと共同開発した技術、ADEL。なんと耳への空気圧を逃がすことによって鼓膜へのダメージを減らし、音抜けが良くなることで音も良くなるよ! っていう画期的な技術だったわけですね。

ところが最近、技術の名称が「ADEL」から「apex」へと変更になり、モジュールも変更となりました。やってることは同じで、空気圧を逃がすって感じですね。

どうやらAsius Technologiesと色々あって、パートナーシップが終わっちゃったみたいなんですね。
詳細は以下の公式ブログに記載がありまして...↓

Regarding the end of 64 Audio’s partnership with ADEL - Blog | 64 Audio | 1964 EARS | In-Ear Monitors

まあ簡単にまとめると、

①Asius側がADELテクノロジーの権利を全部持ってっちゃってて、別のメーカーに勝手に技術提供しようとしてたり
②ADELモジュールは第三者メーカーで製造されてて、提供時期とか、もはや提供されるかすら64 Audioの方で全く把握できない

みたいな問題が積み重なって、64の方が「じゃあ自分たちでもっと良いやつ作りますよお!」ってなって開発されたのがapexだったというわけですね。というか公式ブログで(遠回しにだけど)元パートナーの悪口をこんなに赤裸々に語っていいのか。

そんなわけで現行のA/Uシリーズのイヤホンに付属するのは、すべてapexの「m20」というモジュールに変更になっているみたいです。
私も愛機の10ドライバモデル、A10を公式リシェルに出したのを機に買ってみました。

A10のレビューはこちら↓
http://tyfm13.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

ということで前置きが長くなりましたが、今回はapexのm20モジュールと、前ADELのS1モジュールにおける違いを比較してみようという、若干(?)マニアックな記事となっております。どこかに需要があると信じて...


見た目の違い?


以下はapexとADELを並べてみた写真です。
1枚目の写真では左ADEL、右apex
2枚目の写真では左apex、右ADELです。
なんで統一しなかった、自分。

P9090148.jpg

ADELでは空気圧を逃すベントが表面ど真ん中に付いてましたが、
apexでは窪みの中に隠された配置になってます。

この目的は、外出中に使用した時の風切り音を最小限に減らすためとのこと。
風切り音はADELの時はかなり気になってて、特に風の強い日はまともな音が鳴ってない時がありましたが、
apexでは風切り音はかなり低減されてて全然気になりません。すげー!

遮音性も、公式ではADEL S1は-18db、apex m20は-20dbとなってます。
その通り、apexの方が遮音性は高いように感じますね。それによって音の変化もあるのですが、それは後ほど。

P9090149.jpg

写真がものすごーくぼやけちゃってますが、
ADELは薄膜が張ってある感じで、apexは網状に金具が張り巡らされてる感じです。音の違いは後ほど...
apexの方が掃除しなくていいって、公式には書いてます。耳垢とか入ってったりしないのかなあ。こんな奥までは入らんか。

あと、ADELよりもapexの方が細いです。微妙な差ではなく、見てすぐわかるレベルに。
そのため、ADELだった時に作ったIEMにはapexが刺せますが、逆にapexに成ってから作ったIEMにADELは刺せません。

私のA10はなぜか右耳がADEL仕様、左耳がapex仕様という不思議なことになってますが、左耳にADELを刺そうとするとシェルが崩壊しそうな音が聞こえてくるので無理に刺すのはやめてます。


音の違いは?



さて、一番気になるのは音の違いですよね。
あまり変わらないだろうと思いきや、意外や意外、ADELとapexじゃあ鳴り方がけっこう違います。

ここからは箇条書きで参ります。


・apexの方が音場狭め、音の密度が濃い。開放感と抜けの良さはADELに軍杯。

・apexの方が低音が多めになり、S1と比べて若干こもった音に。

・apexはベントホールの向きによって音がかなり変わります。特に高域の位置。ベントホールを下に向けるとグチャッとした音になるので、上向きにしておくのがオススメです。

・一音一音のクリアさはapexに軍杯。音もapexの方が少し細かめ。


...という感じです。やっぱりベントホールの位置による違い、けっこう大きかったのかもしれません。

ADELの開放感がお気に入りなんだ! という方は、もしかしたらそのまま使い続けるか、もしくは今後出る予定の、apexの開放度を変えたバージョン違いを購入するのがいいかも。
私はもうちょっと開放感が欲しいので、別のモジュールが出たら買うと思います。

こんな感じでADELとapexは一長一短ではありますが、外出先で使うことを考えると使い勝手はapexの方がいいと言えるのではないでしょうか。見た目もちょっとかっこいいですし。

私は現在、もともと持っていたV6-StageをA6にアップグレードしてもらう工程の途中。

ひっそりとしか出てないのでお気づきでない方も多いかもですが、既にディスコンのQi、V6-Stage、V8を持っている方は、$499USDで同じドライバ数のAシリーズへのアップグレードが可能です。

空気圧を逃す機構の恩恵は想像以上に大きいので、ご興味あるみなさんは是非アップグレードからでも試してみてはいかがでしょう?

もしくは既にADELを持っている方は、公式サイトから$99USDでapex m20モジュール単品の購入も可能ですので、ご興味ある方、もっと遮音性が欲しい方などは、購入してみるのも面白いかもしれません...
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する