キング・オブ・エジプト (Gods of Egypt) ネタバレあり感想

このエントリーをはてなブックマークに追加


yvhsjbdcsd.jpg

オススメ度



あらすじ


文明の起源と言われる古代エジプト。そこに降り立った神々は、人間の姿を借りて人間たちを導いていた。

中でも太陽神ラー(ジェフリー・ラッシュ)の二人の息子、天空神オシリス(ブライアン・ブラウン)はエジプトの王として、
オシリスの弟セト(ジェラルド・バトラー)は不毛の砂漠の王として君臨していた。

今日はオシリスが息子・ホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)に王座を譲る、エジプトにとって最も重要で誇るべき日だ。

しかし、セレモニーの最中にセトが現れ、オシリスを殺害。立ち向かったホルスの眼球を奪い、自身が新たな王として君臨することを宣言。恐怖によって民衆を支配する暴政を敷いた。

そんな中、盗賊ベック(ブレントン・スウェイツ)は、奴隷として連れて行かれてしまった恋人ザヤ(コートニー・イートン)を救うために行動を開始する。

ようやくザヤを見つけたが、どうやって救い出したら良いかの活路が見つけられない。

神々への信仰が強いザヤは、ホルスが眼球を取り戻すことさえできれば、セトを倒すことだってできるかもしれないというのだが...

ugibhvbjjn.jpg

感想


大脳が「やばい」と感じた映画って、もはやツッコミどころが多すぎて笑いがこみ上げちゃうことって多いと思うんですよ。

この「キング・オブ・エジプト」もその類の映画ではあるんですけど、なんて言ったらいいだろう...この映画はそれを更に超えて、明後日の方向に向きすぎたストーリー展開に「ハァ?」からの「ハァ!?」に続く「ハァァン!!??」が連発しちゃう作品でした。

舞台は、神話に出てくる神々が人間の姿になって世界を統治していた頃のエジプト。
にしては登場人物が普通の白人さんばっかりなところは気にしてはいけません。

エジプトの地は、太陽神ラー(ジェフリー・ラッシュ)の息子・天空神オシリス(ブライアン・ブラウン)に統治され、平和で慈愛に満ち溢れた国として栄えていました。

その日はオシリスの息子・ホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)が新たな王に即位する大切な日でした。

にも関わらず、パーティ大好き、俗称パリピなホルスは前日も王宮内で盛大な乱痴気騒ぎを繰り広げ、今は完全なる二日酔い。
恋人であり愛の神であるハトホル(エロディ・ユン)とちょっとエッチな会話をしたら、そのまんま即位式の会場へと向かうのでした。

ダメダメな息子っぽく見えるじゃないですか? で、そんな彼が物語を通して民衆のことを思う神に成長していく様子が描かれるんだと思うじゃないですか?
みなさん、ご安心ください。ホルスがもともとパリピなダメ息子っていう設定は、もちろんこの先活きてくることはありませんので。

その日はホルスにとってだけではなく、もちろんエジプトに暮らす市民たちにとっても大切な日。
けれど、神様なんて信じない下町に暮らす盗賊のベック(ブレントン・スウェイツ)にとってはそれも関係ありません。

いつものように、愛する恋人ザヤ(コートニー・イートン)にプレゼントするためのアクセサリーを盗んできた彼は、何事もなかったかのよう...どころか誇らしげに家へと持ち帰ります。

それを見たザヤは、一度は「また盗んできたの?」と彼のモラルを問うような質問をするのですが、次の瞬間にはそれを嬉しそうに着けてしまうのです。もはや「私のために盗んできてくれてありがとう」的なスタイルですか。いっそ清々しいかもしれませんね。

ちょっと疑わしいモラル観を持つザヤは、ベックと違って神々を信仰し、敬う気持ちを持っています。神様は盗んで手に入れたネックレスなんて喜ばないでしょ。

ベックとザヤは、ホルスの即位式の会場へと向かうのですが...

jfiwnbwsad.jpg

即位式の最中、赤い服に身を包んだ謎の軍隊が、異様なほどに統制のとれた隊列で乱入してきます。
それを率いるのは、オシリスの弟であり、ラーによって砂漠の王とされたセト(ジェラルド・バトラー)

自分は不毛の砂漠へ追いやられたにも関わらず、オシリスは砂漠で他の神々と優雅な暮らしをし、
その上自分には許されなかった「子どもを持つ」という特権を使って、自身の王位をその息子に譲る!? 絶対に許さない! 略して絶許(ぜつゆる)!

嫉妬に怒り狂ったセトは、この機会を狙ってオシリスを殺害し、自らが新たなエジプトの王として君臨する道を選んだのです。

愛する父親を殺されたことに激怒したホルスは鳥の姿に変身。
対するセトは馬となって激突します。ちょうどポスターの構図みたいな感じです。

ここの戦いは普通にカッコよくって燃えますね。ちょっとカメラがわちゃわちゃして何が起こってるのか把握しづらい部分もありましたが、まあその辺りはご愛嬌で。

これを見てちょっと期待しちゃった私でしたが、その期待はその後、ことごとく裏切られていくのでした。無念。

ホルスを返り討ちにし、その両眼を奪いとったセトは、新たな王として君臨。
力と金がものを言う、なんとも暴力的な悪政を敷き始めるんですね。

で、自分は何をしているのかって言うと、父親であるラーへの捧げ物として大きな塔を建てさせたり、ホルスから寝返ったハトホルとベッドでエッチなことしたり(セトは性欲の神と呼ばれているそうです)、さらには他の神々を次々と殺害し、自分が宇宙最強の神となるためのパーツを集めたりとやりたい放題。

でも、彼の目的そのものがあまり語られないので、普通に何がしたいのか全然わからないのですよ。ああ、思いつく限りの悪いことやってるなー、くらいのもんで。

その裏で、ベックは奴隷として連れ去られてしまったザヤと密会を重ねていました。
この状況を打開するには、ホルスに力を取り戻してもらうべく、彼の目を取り戻すしかないわよ! と言います。

ここでベックの能力が役に立つ時。
罠だらけの祭壇に隠されたホルスの目玉を盗み出しちゃいましょう! というわけですね。

ここで注目すべきは、ベックが物事を解決するための方法として「ものを盗む」という教育に悪い方法をやめるべきだとか葛藤するところが一切ないところですね。

特に上述した、ベックが盗んだものをザヤも喜んで受け取ってる、というくだりがあるもんだから、彼に一切反省の色がないところとか、そこから成長していこうという気概が全く見られないんです。良くある怪盗みたく、もともとの目的が「悪人から物を盗む」みたいなのをモットーにしてるわけじゃない人が結果的に盗みで世界を救う...っていうのはまたちょっと意味が違ってきちゃいますからね。

aindfkwadfvs.jpg

そんなわけで、ベックはザヤを奴隷の身分から解放するために、意外とあっさりで抜け漏れありまくりな罠をくぐり抜けてホルスの片目をゲットします。
それをザヤに報告しに行くも、ベックとザヤの企みはセト側にすっかりバレており、それをホルスに返しに行こうとする逃避行の最中、ザヤは殺されてしまいます。

悲しみを乗り越えてなんとかホルスの元に辿り着くと、ホルスはすっかり人生を諦めた世捨て人みたくなっちゃってるんですね。

そんなホルスにベックは、「目を返して欲しければ、恋人のザヤを生き返らせろ!」と強めな交渉をふっかけます。
最初はいやいや無理でしょうと言っていたホルスでしたが、ちょっと考え直してから「私が王に戻ればできるかもしれないからとりあえず目を返せ」と適当な感じの返答をします。本当かよ。

何はともあれホルスを信じることにしたベックは、彼のもう片方の目を取り戻し、セトをやっつけてホルスを王に戻す手伝いをすることになります。

ケンカばかりで凸凹な2人ですが、旅を通じて信頼を深めていって...
っていう過程が超適当です。何があってベックがホルスを「正義の神だ! やっぱり神様はいい人達なんだ!」って信じるようになっちゃうのかが全然わからないくらい、ホルスはベックをぞんざいに扱い続けます。

そしてこんだけお金のかかってそうなハリウッドの大作映画なのに、彼らが歩いている砂漠のシーンはどうしてあんなにも合成感たっぷりなんですか。特に真っ赤な色をした砂漠でベックとハトホルが座り込んで語るシーンのチープさったらありませんでしたよ。

セトの力を弱めて勝てる確率を上げるため、ホルスとベックはとあるピラミッドの中心部に神の水をふりかけに行きます。

そこで登場するのが予告編でも出てくるスフィンクスです。彼の抱える謎を解かなければ中心部にたどり着くことはできないと知り、知の神トート(演じるチャドウィック・ボーズマンはアベンジャーズのブラックパンサーですよ!)を引き連れてピラミッドへ向かった彼らですが、スフィンクスの謎とは...

「私は過去にはないけれど常に存在し続けるもの。私はだーれだ?」

普通のなぞなぞっっ!!

しかもトートも、「ふふ、簡単ですわよ... 慈愛!」「あれ、違うの... ××! いや、〇〇!」とかってあてずっぽうに適当な回答を連発してるんですよ。こいつ連れてくる意味あったか。

なんとか正解した彼らでしたが、たどり着いた先にはセトが待ち伏せしており、彼はついに最強の力を手に入れてしまいます。

そこからの展開は...もう話が明後日の方向へ向きすぎててようわかりませんでした。
セトは宇宙から地球を滅ぼそうとしている怪物・アポピスを地球に呼び寄せてエジプトのすべてを破壊、「力と金のあるものだけが生き残る新世界を作るのだ〜!」と暴れ始めます。もはや何がしたかったのか全然わからん。

さて、ベックとホルスは無事にセトをやっつけて、ザヤも生き返らせてもらうことができるのか?
気になります? 私はもう全然でしたけど。



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する