ハドソン川の奇跡 (Sully) ネタバレあり感想 英雄か、犯人か。

このエントリーをはてなブックマークに追加


guaidbjvad.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


2009年1月15日、アメリカはニューヨーク、ハドソン川に一機の飛行機が着水した。

航空会社U.S. AirwaysのエアバスA320の機体がバードストライクに会い、両エンジンが破壊され、たのだ。

機長だったチェズレイ・サレンバーガー氏(トム・ハンクス)は空港に戻るには高度が足りないと判断、最後の手段としてハドソン川への着水を選んだのだった。

その結果、乗客155人の全員が生還。
サレンバーガー機長は英雄として一躍時の人となった。

しかし一方で、国家運輸安全委員会は、ハドソン川への着水は彼のミスであり、空港へ戻ることは十分に可能であり、サレンバーガー機長こそが乗客を危険にさらした張本人なのではないかと言うのだ。

そのことから、飛行機が街のビルに衝突する幻覚や悪夢に悩まされるようになるサレンバーガー機長だったが...

ehdufeed.jpg

感想


みんな大好きクリント・イーストウッド監督の新作は、2009年1月15日にアメリカで起きた衝撃的な事件を映画化した作品。

U.S. エアウェイズ(現在はアメリカン航空に統合されちゃってますが)の機体のエンジンに鳥が飛び込んだことによって両エンジンが故障、チェズレイ・サレンバーガー氏がたった208秒の間に機転を利かせ、ハドソン川に着水することによって150人の乗客+5人の乗務員全員の命を救ったという奇跡的な出来事です。

「ハドソン川の奇跡」と呼ばれたその事件は、日本でもそこそこ大きく報道されていたのでご存知という方も多いのではないでしょうか。

今回イーストウッド監督が映像化したのは、その事故が起きた時の状況を細かくリアルに描写...したのもありますが、それ以上に、「事故を受け、機長のサレンバーガー氏は世間からどのように受け取られたか」そして「事件そのもの、そして世間の反応を受けてサレンバーガー氏の内面はどのように変化したか」にスポットライトを当てたヒューマンドラマとなっています。

物語は事件を乗り越えたサレンバーガー氏が、調査団からの取り調べを受けるところからスタートします。
今やテレビのニュース番組はサレンバーガー氏の話題で持ちきり。事件に遭った飛行機の乗客へのインタビュー映像もついて、サレンバーガー氏は一夜にしてアメリカの英雄として讃えられるようになっていました。

けれど一方、事件は彼がもっと正しい判断をしていれば川への着水などという前代未聞の事件にはならず、空港へ戻ってくることもできたのではないか。彼こそが乗客を無用な危険にさらした張本人なのではないかと主張する人々もいます。

それは国家運輸安全委員会。
彼らの厳しく、40年以上にわたって真面目に勤務してきた彼の飲酒癖や家族間の仲など、彼の人間性に問題があったのではないかなど、事実かどうかも知らずに人の心を踏みにじるような追求ばかりしてくるのです。

hubodfjsvd.jpg

その追及を受けて、サレンバーガー機長は「もしかしたら自分が本当に乗客を危険にさらしてしまったのかもしれない」という思いと、「もし自分があの判断を下していなかったら、逆に多くの犠牲者を出していたかもしれない」という2つの思いとの葛藤から、自分の操縦していた飛行機がビルに突っ込んでしまう幻覚や夢に悩まされ、眠れない日々を過ごすこととなります。

けれど街に出れば、彼を見た人々は決まって彼のことを「英雄」と呼んだり、バーに入れば彼の名前にちなんだカクテルを作ったぜ! なんて冗談交じりに言われてしまったりするのです。

「自分はやるべきことをやった」「あれ以外に道はなかった」とどんなに自分に言い聞かせても、一緒に操縦していた服機長のジェフ・スカイルズ(アーロン・エッカート)から讃えられても、アメリカで有名な(現在は終わっちゃった番組もありますが)ワイドショーやコメディ番組に英雄として呼ばれたとしても、自分を疑う人がいる以上は自分への疑念を消し去ることはできません。

テレビ番組、それもコメディ番組に呼ばれたりしている時点で犯人扱いされるべき人間だとはほとんどの人から想われてはいないわけで、ましてや乗客本人たちからの感謝の言葉も耳にしていながら幻覚などに苦しめられるとは、サレンバーガー機長は本当に真面目な人物なんだということが伺えます。

演じたトム・ハンクスの冷静で知的でありながら、自分の長年のキャリアに対しての自信とプライド、そして若い頃に持った情熱を今でも持ち続けているという、内なる熱さを感じさせる演技はいつも通り素晴らしいですね。言うことなしです。

事件当時の再現映像も、リアルタイムのものではなく、あくまで機長の記憶の中に残るものとして描かれているところがいいですね。
サレンバーガー機長はお酒も(あまり)飲まない、家族を大切にする真面目な人物として描かれている...って実際そうなんでしょうけど、彼の証言と残っていた音声に基づいて製作されたであろう操縦室内の様子は100%俯瞰的な事実ではなく、ある程度主観的なものであったとしたところに好感が持てます。

erfinbovjdafc.jpg

サレンバーガー氏とスカイルズ副機長、そして彼の弁護士は、調査団の追及に対して自分たちが撮った判断は正しかったのだと証明するために奔走します。

調査団が突きつけてくる「可能性」はあくまで機械が算出したもの。ヒューマンエラーを指摘するためには、何かが欠けているはず。それを見つけられれば...

今作は実在の飛行機のクラッシュ事件を描いた壮大なスペクタクルを売りにしているのではなく、むしろ登場人物たちがお互いをロジックや科学的根拠などで説得する会話劇や、急に英雄と呼ばれるようになってしまったことや調査団からの追及で苦しむサレンバーガー機長やその家族の苦しみを描いたヒューマンドラマ的な要素が大きい映画です。

私は普段、クリント・イーストウッド監督の作品が苦手。なぜかというと、映像の切り替わり方や登場人物が話し出すタイミング、相槌を打つタイミングやリアクション、手の動きに至るまで全部がカッチリキッチリと計算されすぎていて、逆に登場人物たちにリアルさを感じられないことが多いからなんですが...

今回はそれらが逆にテンポの良さに貢献していて、96分間の上映時間、1秒たりとも退屈せずに観ることができました。

...ん、96分!?

そうなんです、この映画、たったの96分間しかないんです。
その中に主要人物達の葛藤、事件の全貌の再現映像、さらにはサレンバーガー機長の苦しみにしっかりとしたオチまでつけて、どれも説明不足にならずに描ききったところにはクリント・イーストウッド監督の実力を感じさせられます。

世界を感動の渦へ巻き込む感動の実話の裏には、どれも当事者たちの葛藤がなくては語れないということなのかもしれません...



おまけ


誰にも共感してもらえないかもしれないけれど、私が個人的にこの映画で一番感動しちゃったところをちょろっとご紹介。
共感できる人は、読んで全力でうなづいて頂けたら私の心の隙間も埋まるような気がしますので宜しくお願いします...

っていうのが、劇中のほぼメインの登場人物として出てきたこのお方なんですが↓

erfbhiesndk.jpg

調査団のリーダー格として、サレンバーガー機長が事件をより悪い方向へ持って行ったのではないという様々な証拠を突きつけた彼なんですが、

演じているマイク・オマリーさんは数年前までやっていたテレビドラマの「Glee」に登場したゲイの男の子、カートくんのお父さん役として登場していた人なんですよ。

rwnfjsadfds.jpg
↑覚えてる方、いらっしゃいます?

これだけでもちょっと感動したんですけど、さらに私の涙を誘ったのはこの人...↓

ewrfnvad.jpg

サレンバーガー機長が操縦した飛行機の乗客の一人として登場したのが、
同じく「Glee」でカートくんをいじめているふりをして、実は自分もゲイでカートくんのことが好きだったので、最終的に我慢できなくなって無理矢理キスしちゃいました...っていうカロフスキーくんを演じたマックス・アドラーさんだったんですよ!

いや、どんだけGleeの人出してくるんだよ! それもカートくん関連の人ばっかり! もしこれでカートくんを演じたクリス・コルファーくんまで出てきたら完璧でしたよね。
もし彼も出てたら「イーストウッドさん、あんたGlee好きだったでしょ! いやだなぁ〜、もう〜」なんて悶えてたかもしれないですね。いやぁ、参ったなこりゃ。

...え、この話のオチ? ありませんよ、そんなもの! ここで終わり! ということで...

はぁいっっ!! (下手な人の終わらせ方)

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する