スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 (Bridget Jones' Baby) ネタバレあり感想 運命の人はどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加

dsbfuvdjns.jpg

オススメ度 ★★★★



あらすじ


これまで、ちょっとおっちょこちょいだけど、恋に仕事に奮闘しながら楽しい毎日を送ってきたブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)も、今や40代。

結婚して子どもも生まれて、幸せな人生を送っている...はずだった。

現実の彼女は、テレビ局のプロデューサーとしてみんなに頼られるほど大活躍。周りの友だちはみんな結婚して子どもも生まれ、彼女の誕生パーティには、家庭の事情で誰も来てくれないくらいだ。

ある日、元カレで浮気性だったダニエル(ヒュー・グラント)が事故で他界。お葬式に参列したブリジットだったが、そこでかつての恋人マーク・ダーシー(コリン・ファース)の姿を見かける。しかも彼は、別の女性と一緒にいる。おそらくは結婚しているのだろう...

そんな時、ブリジットがプロデューサーを務める番組のリポーターであるミランダ(サラ・ソルマニ)が、ブリジットを女同士の旅行に出かけて、「出会った最初の男とヤる」ことを約束した。

そして辿り着いたグランピング形式の野外音楽フェスで、謎のイケメン・ジャック(パトリック・デンプシー)と出会う。

vybhrsfdg.jpg

感想


「共感」っていうのは完璧な人より、ちょっとダメダメな人にこそしちゃうものだって思うんですよ。

今から15年前、ダイエットに夢中で、常に恋愛に飢えていて、それでいておっちょこちょい。そのあまりの嫌味のなさに、男女関係なく好きにならずにはいられない。

頭が切れて、美貌があって(いや、彼女も超がつくほどの美女ですけど)、ほっといても男の方から寄ってくるような完璧な女性よりも神々しくさえ見えた女性と言えば?

そう、ブリジット・ジョーンズですね!

恋に仕事に奮闘しながら、2人の男性とくっついたり離れたりを繰り返してきた彼女も、おそらくは最終作となるであろう今作「ダメな私の最後のモテ期」においてはもう40代。

さすがにそろそろ結婚や出産にも焦り始めてくる時期に起きた、まさに彼女らしい大事件を、過去最高にコミカルに描いた、最初から最後まで笑顔で観られる、とにかく楽しいコメディ映画に仕上がっています。

今や40代に突入したブリジット・ジョーンズは、仕事の方はとっても順調。以前から勤めていたテレビ局ではニュース番組のプロデューサーまで上り詰めました。

けれど私生活の方ではまだひとり身。周りの友達はみんな結婚して子持ちだし、両親からもプレッシャーがかかる。お母さんなんて、ついには人工授精を勧めてくる始末で、もはや手元に持っているコンドームなんて何十年もの?ってなくらいです。

思い描いていたプラン通りに進んでいたら、私だって今頃そうなっていたはずなんだよ!

...ってあれ? 前作のラスト、恋人のお堅い弁護士、マーク・ダーシー(コリン・ファース)さんにプロポーズされてOK出してませんでしたっけ?
まあその辺は気にしちゃいけない! うん!

そんなある日、彼女はとあるお葬式に参列することに。
浮気性だった元カレのダニエル(ヒュー・グラント)が事故で他界してしまったというのです。ええ〜!! 前作までマークとダニエルとの三角関係が見所だったのに! この映画大丈夫か!

しかしご安心を。さすがは大人気シリーズの最終作。今まで以上にもっと驚きの展開が待っていますから。

jiksmsrhfng.jpg

お葬式の席にはマークも参列していました。でも、彼は別の女性と同席。きっと彼女がマークのおくさんなのでしょう...
なんだか複雑で気まずい雰囲気。でも、やっぱり10年もくっついたり離れたりを繰り返した彼のこと、なんとなく忘れることは難しくて...

周りの人は「10年一緒にいてもダメってことはダメなんだよ」と言うし、相手は結婚もしているわけで、いつまでも引きずっているわけにもいかないし!
ブリジットは、ニュース番組のMCであるミランダ(サラ・ソルマニ)と一緒に、グランピング形式の音楽フェスに出かけ、「最初に出会った男とヤる!」なんて約束のもとに、女子会的なバカンスを楽しむことに決めたのです。

そこで出会うことになるのが、謎のイケメン・ジャック(パトリック・デンプシー)

足元のゆるい会場にヒールで来てコケ、泥まみれになっていたおっちょこちょいなブリジットを優しく手引きしてくれたりと、イケメンなのにちょっと童貞っぽい雰囲気を醸し出す彼が最初に出会った男性なんですが、ブリジットはなんでか彼にちょっと引いてしまい、逃げるようにその場を立ち去ってしまいます。

音楽フェスを楽しむべく、ブリジットとミランダは飲んで飲んで飲みまくります。
有名なシンガーのエド・シーランに「私たちの写真撮ってよ!」と頼んだと思いきや、「あんたどっかで見たな。スタバで働いてんでしょ!」と言ってみたりとめちゃくちゃです。

エド・シーランってやっぱり本国イギリスでは、知らない人がいないほどの大スターなんですかね。「彼を知らない」ってことがギャグになるレベルなんですもんね。私は彼が出てきた瞬間に「はぉっっ!!」とよく分からない声が出ちゃったんですが、劇場内からは「誰?」みたいな雰囲気が漂っててどうしようかと思いました。たしかに日本だとあまり知られてないのかな。

彼を知らない人でもこの曲は知ってるかもしれないですね↓


で、「スタバの人」のライブを見終えたブリジットは完全に泥酔、まともにまっすぐ歩くこともできないくらいです。
自分のテントに戻ってきたかと思いきや、なんとそこはジャックのテント! 「最初に出会った男」と、その場の雰囲気でほんとにヤることになっちゃったんですね。持っていた数十年もののコンドームを使って...

その翌日、雰囲気で知らない人とヤっちゃったことを後悔したブリジットは、その場から逃げ出してしまいます。

その後、ロンドンに帰ってきた彼女は、ジャックが「愛の計算式」を生み出したとして大人気の結婚相談サイトの社長さんだということを知ります。大富豪じゃねーか! ラッキーかあんた!

しかしその後、とあるパーティでまたもマークと再会。
この間一緒にいた女性のことを尋ねると、実は彼らは離婚間近で別居中。今は離婚手続きの相談のために時々あっているだけなんだとか。

マークに「ずっと会いたかった」なんて言われちゃって、「ずっと恋しかった」なんて言われちゃって、やっぱり10年も一緒にいた彼は、運命の人だったのかも... いい感じになっちゃった彼らは、やっぱりパーティ会場にあったベッドルームで結ばれちゃいます。数十年もとっておいたコンドーム、まさかこの歳になって、しかも43歳になったばかりのこのタイミングで大量に使う機会が出てくるなんて! ちょっと夢のような体験と言えそうです。

その後ブリジットは、なんだか急に体調が悪くなってしまいます。
テレビ局で仕事をしながら突然吐いたりとか。これってなんか変じゃない? と思ったミランダに、妊娠してるんじゃないかと言われ、検査をしてみることに。

そしたらやっぱり思った通り! コンドームを使ったはずだけど、きっと古すぎて弱ってて、ヤってる最中に破れちゃったんだきっと!

これ以上ないほど嬉しいニュースのはずなのに、なんだかすごく複雑な気持ち。

だって、父親の可能性がある人、2人いるんだもん...

hfeuoiwnq.jpg

父親の可能性がある二人、最初は戸惑ったりもしたものの、どっちがブリジットの恋人で、どっちが父親かを争って火花を散らします。まあ、生まれちゃったらどっちが本物の父親かは明らかになっちゃうから。それまでのつかの間の楽しみって感じではありますが。

でも、男の立場としては複雑じゃないですか? 自分だったら耐えられないですよね。
「あなたとヤった直近で別の人ともヤってたんだけど、なんと子どもができちゃって、どっちの子かわかんないんだ。ごめんね! (てへぺろ♡)」って言われたらどうですか。どうですか!?

逆に女性の立場だとあれですかね。
イケメンで優しくて明るくて、孤独だったところに彗星の如く現れたアメリカ人の大富豪か、
今まで10年間も、ずっとくっついたり離れたりを繰り返してきたし、性格もちょっと頑固で喧嘩もしたりしちゃうけど、でもずっと忘れられない運命の人...どっちが父親だったら嬉しいかな〜! なんて贅沢な悩みで盛り上がることもできるんだと思います。

とにかく深刻になりすぎないからか、逆に男性も女性もキャラの気持ちに入りやすくって共感度は抜群!

汚い言葉は最初から最後まで出てくるけれど、下ネタも生々しさは皆無でとっても見やすい! 身も蓋もないことを言っちゃえば、これって二股の話だと思うんですけど、そんないやらしさを微塵も感じさせない爽やかさに溢れています。

とにかく最初から最後まで、顔がにやけちゃって止まらない。ずっとワクワクして、笑顔で観ることのできる映画です。
内容は「健全」という言葉からかけ離れた物語のはずなのに、ブリジットたちの恋の行方からついつい目が離せなくなってしまう、そんな魔法がかかった、ちょっと大人のラブコメです。

果たして、お腹の子どものパパはどっち? ブリジットの最後の恋人、もしかしたら旦那さんとなるのはどっち?
彼女と一緒に病院に行ってでも確かめたくなっちゃう結末を、ぜひ劇場でお確かめください!



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。