スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィート17モンスター (The Edge of Seventeen) ほんのりネタバレ感想

このエントリーをはてなブックマークに追加


the-edge-of-seventeen-589087367ab08.jpg

オススメ度 ★★★★☆



あらすじ


ちょっと変わり者な女子高生のネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)は周囲に溶け込めずなかなか友達ができない。もちろん、今まで彼氏がいた経験もない。

彼女にとっての安らぎの時間は、教師のブルーナー(ウディ・ハレルソン)に日々の愚痴をぶちまけたり、親友のクリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)とくだらない話で盛り上がる時だけだ。

しかし、そんな日々がある日突然終りを告げる。
なんとクリスタが、自分の兄弟だというのに、学校で人気者でエリートの兄ダリアン(ブレイク・ジェナー)と付き合い始めてしまったのだ。

自分の居場所を奪われたと思ったネイディーンは暴走を始め...

hsudgfndks.jpg

感想


最近の海外映画では、イケてない高校生が、そこそこ冴えない仲間たちと特別な体験をして、ちょっとだけ成長する...っていうお話が増えてるなあと思うんですが("Easy A"とか、「ぼくとアールと彼女のさよなら」とか)、結局仲良くできる友達がいて、イケメン/美女とちょっといい雰囲気になっちゃったりとか、結果的にリア充してんじゃないかよ! と、嫉妬を込めたツッコミを入れたくなる作品が多いような気がします。

ちょっと待ってよ! 非リア充な青春を送ってきた映画ファンたち、立ち上がれ(失礼)!

私たちが経験してきたように、とことん周囲に馴染めなくて、そんな自分が嫌いでたまらなくって、だからこそ逆に他人に刺々しい態度で接してしまって余計に周囲との壁ができてしまう、そんな悶々とした、リアルを超えて生々しい青春を描く! これこそ非リアのリアルを突きつけてくる映画があったっていいじゃないか!

上に挙げたような、悶々とした青春を送ってきた皆さん(本当に失礼)、お待たせいたしました! 今作「スウィート17モンスター」は、冴えない毎日を送る女子高生が、とことん冴えない日々を送り、そんな自分への苛立ちで悶々とする、という、自分の姿に重ねずにはいられない、共感度の高い青春映画に仕上がっています!

冒頭のシーンからして鮮烈です。
一人の女の子が教室へ猛スピードで入ってきたかと思いきや、つるっぱげのブルーナー(ウディ・ハレルソン)先生に向かってすごい勢いで話し始めます。

「時間を取らせてごめんなさい。とりあえず大人に知らせておかないといけないと思って。私、自殺するの。

彼女が今作の主人公・ネイディーン(ヘイリー・スタインフェルド)。突然の自殺宣言の裏で、一体何が起こったというのでしょうか...

ネイディーンは自分で最初に宣言してくれる通り、「イケてない」側の女の子。っていうよりちょっと変わり者で人見知りで、ほかの人たちみたく、自然に周囲に溶け込んでいくことが苦手なんですね。

友達も少ない彼女なので、当然のごとく彼氏もできたことがありません。いつも頭の中を巡って、唯一の親友であるクリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)にぶちまける話の内容といったら下品な下ネタ混じりのくだらない妄想話ばかり。

あんな下ネタを躊躇なく言えるのは、実際に経験がないからなんですよ。彼女と全く同じような青春時代を送り、このブログに書いた瞬間にアカウントを凍結させられること間違いなしの下ネタばかりと公然と吐くことだけを生きがいとしていた私だからわかります。

ネイディーンがイケてない側の人間だというのに、兄のダリアン(ブレイク・ジェナー)はイケメンで明るく学校の人気者。そんな事実も

満足とは程遠く、なんとなしの不満をぼんやりと抱え悶々としつつ、でもまあこれも悪くないかと自分を納得させるのも難しくない。そんな毎日が、続いていくのかなあなんて、きっとネイディーンも考えていたんじゃないかと思います。

そう、彼女の人生を揺るがす、あの大事件が起こるまでは。

haeuskfdjs.png

ある日、母親が新恋人とバカンスへ出かけ、家を空けた日。
ダリアンは友人を家に招いてパーティを満喫する中、ネイディーンはクリスタと部屋にこもっていつもの下品な一人語りを繰り広げながら、げろげろになるまでお酒を飲み続けるという、なんとも対照的な夜を過ごしていました。

そして翌日、目を覚ましたネイディーンがリビングへ降りて、ダリアンの覗いてみると、なんとそこには裸で楽しそうにトークを繰り広げるダリアンとクリスタの姿が!!!

そう、昨晩ネイディーンが気を失っている間に、ちょっといい感じになってしまった2人は無事ベッドイン。そのまま朝を迎えてしまったというわけですね。

これだけでも許し難いことなのに、ネイディーンの受難はまだまだ続きます。
ダリアンとクリスタが誘われたパーティについていくことになったネイディーンですが、パーティに来るような明るく社交的な人々のノリにはついていけず、やっぱりすぐに孤立してしまいます。

頼みの綱だったはずのクリスタも、周りの友達とすっかり打ち解け、ネイディーンそっちのけでパーティを楽しんでいる様子。誰も自分のことを理解してくれる人なんていないような辛さが込み上げてきて、ネイディーンはその場を立ち去ってしまいます。

これはすごく個人的な話なのですが、ネイディーンの気持ち、私はすっごくわかるんです。こういう場や学校のクラスの人となんでもない話をして、ちょっとの間しか一緒にいない人たちとその場だけの中を築いて...とか、それを外の世界へ持ち込んでいくことって、私も今までの人生でずっとできていなくって、周囲に溶け込めない自分の姿に途中で苦しくなって逃げ出してしまうこと、私もよくやってたので。

他人とのコミュニケーションを円滑に取って楽しめる人たちからはよく、「お前すぐ拗ねるからなあ」とか言われてましたが、だってしょうがないじゃん!! 「誰かと話すために話す」「繋がってるという感覚を味わうためだけにトークをする」っていうことがどうしようもなく苦手な人っているんだよ...

っていうどうでもいい話は置いておいて、それにしてもこれは、ネイディーンのアイデンティティを揺るがすほどの危機なわけです。

何せ、自分のことを唯一理解してくれていると思っていた親友が、自分と正反対の性格をした兄弟と付き合い始めたせいで自分との共通点が失われていってしまう... 世界に自分の味方は誰もいなくなってしまったような感覚に襲われているはずなんです。

心のバランスを失ってしまったネイディーンは、暴走を始めます。

ergrdfsd.jpg

その後のネイディーンは、少しでも自分の気に入らない意見が耳に入ってきたら、それがブルーナー先生であろうと、ハゲで低年収のくせにと罵り、

学校に行くと嫌な人に会うからと母親の車から降りたくないと駄々をこね、そのまま職場に連れて行かれたらそれはそれで不満そう。それでまた怒られたと思ったら逆上し、母の車の鍵を奪って無免許運転で逃走... 色々とんでもないことをやっちゃってるんですが、その全てを全部悪気があってやってるんじゃなく、もう自分では制御のしようのない感情が溢れちゃってるんですね。

自分に明らかに好意を寄せてくれているアジア系の男の子・アーウィンくん(ヘイデン・セットー)に気づきつつも、学校の人気者でずっと憧れていた男の子にしか気が行かないから冷たく嫌味な態度を取って、でも寂しくなったら電話して家に遊びに行っちゃったりとか、とにかくいろんな面で自己中心的な面が目立つ彼女。

でもその全てをひっくるめて、「なんだよこいつ腹たつな」ではなく「わかるわかる、若い頃ってこんな感じだよね」と共感へと昇華できているのは、ネイディーンの挙動と表情、口調などの全てが果てしなくリアルな17歳の姿にしか見えないから。

それに大きく貢献しているのは脚本の素晴らしさもありますが、何より主演のヘイリー・スタインフェルドちゃんの圧倒的な演技力によるところが大きいでしょう。

「トゥルー・グリット」で鮮烈な印象を残したのももはや遠い昔の話。メガヒットを記録したアカペラグループ系コメディ映画「ピッチ・パーフェクト2」への出演からポップシンガーとしての活動も活発になり、シリアスな女優というよりポップスター的な感じで思ってらっしゃる方も増えてきたんじゃないかなあという今日この頃、

今作での彼女はイケてなくって、他人とどう接したらいいのかわからないけど人恋しくて、ほんとはみんなに愛されたいのに毒づいてしまって、どんどん自分から壁を作ってしまう。そんな複雑な17歳の心境を、これ以上なくお見事に演じていらっしゃいましたね。

自分からどんどんドツボにはまってはまって、その最深部まで行った時、ネイディーンは何を見つけるのでしょうか。誰しも一度は経験のあるであろう「こじらせ期」の闇と、それを乗り越えた先に見える光の物語に、心を洗われること間違いなし!

スマホでSNSを駆使するようになったとはいえ、今も昔も大元の精神は変わらないティーンエイジャーの心を捉えた快作を、ぜひ劇場でご覧ください!




おまけ



最近はポップシンガーとしても活躍しているヘイリー・スタインフェルドちゃん。最大のヒット曲である"Starving"は一緒に歌って踊りたくなる、ちょっとエッチなダンスナンバーです。この映画でのイメージとはちょっと違った彼女の姿をぜひお楽しみください!

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。