海街diary 感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

afnjdhfwabdhf2.jpg


オススメ度 ★★★★★



あらすじ


鎌倉の古い一軒家で暮らす三姉妹の元に,長い間疎遠であった父親の訃報が届く。
15年前に不倫相手と再婚するために家を出て行ってしまった父親とは,彼女たちはそれ以降一度も会わないままだったのだ。

葬式に参列するために父が余生を過ごした山形県の奥地へ向かった次女・佳乃(長澤まさみ)三女・千佳(夏帆)は,そこで父とその不倫相手との間にできた子ども,すず(広瀬すず)と出会う。
既に母親も亡くしていたすずは,父親の再々婚相手である女性と共に暮らしていた。

父親が出て行った時まだ幼く,父親の記憶が鮮明ではない佳乃と千佳と違い,父親の行為を許せずにいた長女・幸(綾瀬はるか)はもともと葬式に参列する気は無かったが,恋人の椎名(堤真一)のアドバイスもあって急行で駆けつける。

そこで父親の再々婚相手の女性の頼りなさと責任感の無さを目の当たりにした幸は,すずを鎌倉で一緒に暮らさないかと誘う。
こうして,三姉妹と異母妹の鎌倉4人暮らしが始まった...

GALLERY011932_3.jpg

感想


もしこの「海街diary」に何か映画として根本的な欠陥があるのだとしたら,私にはそれを見つけられません。
まだ2015年も半分を過ぎていませんが,それでもこの作品が今年最高の映画のうちの一本であるということは疑いようもないでしょう。

ベストセラーコミックを「そして父になる」で家族のあり方を優しくも鋭いタッチで描いてみせた鬼才・是枝裕和監督が実写化した今作は,諸行無常の世の中を生きる我々人類へ送る儚くも美しい賛美歌。
この映画の主演となった4人の素晴らしい女優たちにとっては,この映画こそが間違いなくキャリアにおけるハイライトとなるであろう傑作です。

...なんて書いてしまうとすごく壮大で激動なドラマを想像してしまうと思うんですが,この映画はむしろその逆。
地元にある古い一軒家で日々を過ごす,ごく普通な家族の日常を実に淡々と描いた作品で,「ネタバレ」なんて概念が存在しないくらいに事件性の少ない物語です。

そんな平凡な日常を,あえて生活感溢れる画で描くことで作品のリアリティが強められており,代わり映えしないように思える日々にこそ幸せな瞬間は隠れているのだというメッセージを押し付けがましくなく,観客である我々に自然と気づかせてくれる構成は本当に素晴らしい。

そんな日々もずっと同じままではいられず,人の暮らしというのは絶えず変化し続けるものなのだという無常感を移ろいゆく季節と共に描き,そんな無常の日々の中で,人は助け合って生きていくものなんだ...と,そんな儚い日々を凝縮したものとして夏の花火に投影してみせたラスト手前のシーンでは,そのあまりの美しさに自然と涙が溢れでてしまいました。

そしてキャスト陣は,もうこれ以上は望めないほどに最高
主演の4人に関しては文句無し。
長女・幸を演じた綾瀬はるかと次女・佳乃役の長澤まさみは,本人たちの普段のキャラクターや,これまで演じてきた役柄なんかとはむしろ真逆とも言える役どころを演じているわけですが,これがどうして,彼女たちのキャリアの中でここまでのハマり役ってあっただろうかと思わされるくらいにピッタリなのです。

特に綾瀬はるかについては,私個人として,彼女本人の「マジメで頑張り屋さんだけど,どこか抜けていておっちょこちょい」みたいな性格ありきのキャラクターばかり演じ(させられ?)ていたように感じていたので,一人の女優さんとしての魅力がイマイチわからずにいたのですが,今作を観て,女優・綾瀬はるかの実力を確かに感じることができました。
長澤まさみも変に清純路線を目指すより,こんな風にラフな役の方がしっくりくるかな(笑)

そして忘れてはいけないのが,四女・すずを演じた広瀬すずの存在。
時の流れとともに姉妹に馴染んではいくものの,自分の存在が家族を苦しめているのではないかという罪悪感と必死に戦っているという複雑な役どころを,一つ一つの表情や話し方,細かな仕草から完璧に演じきっていました。
彼女の存在なしにはこの映画は語れないでしょう。今後の活躍に期待したい女優さんですね。

その他にも近所の食堂のおばちゃん役を演じた風吹ジュンや,その彼氏でカフェの店長役のリリー・フランキーをはじめとした,脇を固める個性的かつ実力のある俳優陣の使い方はことごとくうまい。

そんなこんなでいいところ・好きなところを語っていたらキリがないので,とにかく観に行ってください! そして,感じてください,この作品の素晴らしさを!

今の人生,なにかが物足りないなあ...とか,同じ日々の繰り返しで疲れちゃった...という人には特におすすめ。

流動的な日々の中にある小さな幸せに鈍感になっている皆さん,それでも人生は美しいものだって,この映画を観てもう一度思い出してみませんか。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する