スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜 (Shaun the Sheep Movie) 感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

dfnxjhfw.jpg

オススメ度: ★★★★

あらすじ:

とある牧場で、仲間の羊たちや他の動物たち、そして優しい牧場主と幸せに暮らしていた羊のショーン
かつては笑いの絶えない楽しい牧場生活であったが、現在は毎日決められたスケジュールをこなすだけの退屈な日々に変わり果ててしまっていた。

そんな日常から抜け出すため、ショーンをはじめとした羊たちは、牧場主を眠らせて休日を作ろうという計画を立てる。
そして計画はみごと成功。牧場主を眠らせて車の中に閉じ込め、つかの間の休日を楽しむ牧場の動物たちだったが、そんな中で大事件が発生!

牧場主を乗せた車が坂から落ちていってしまい、遠く離れた都会まで流されていってしまったのだ!

これは大変だと牧場主を追いかけて都会へ行くことを決めたショーンたち。
果たして彼らを待ち受ける運命とは...

vkcvnajksnzc.jpg

2015年の現在は、不思議な言語とコミカルな動きで笑いを誘う「ミニオン」というキャラクターたちが世界中で大人気。「怪盗グルー」シリーズの脇役であった彼らはついに自分たちの映画まで手に入れ、興行面でもまさに世界中を席巻する超絶メガヒットとなっています。

しかし、アードマン・アニメーションズ製作のクレイアニメ、「ウォレスとグルミット」シリーズから派生したこの「ひつじのショーン」はもっとすごい。だって、この映画に登場する人間を含む全てのキャラクターは、物語の中で一度としてちゃんとした言葉を発することがないんですから。

「ミニオンズ」ですら人間がちゃんとした言葉を発して話を進めていくから、人間とミニオン達の意思疎通のズレが笑いを誘ったりする部分も多いもの。
でも、この「ひつじのショーン」は物語の視点そのものが「羊たちから見た世界を観客である我々も一緒に覗いている」という設定となっているために、人間たちが話す言葉ですら「chsz#h!js%$gdj?」といった感じで何を言っているのか全くわかりません。

人間にとって意思疎通の最重要ツールである「言葉」を制限された状態で物語を語るというのは非常に難しいことですが、この映画はキャラクターたちの表情や動きなどの優れたビジュアル効果によって、大人も子どもも笑って泣ける、優しい物語を生み出してくれました。

羊たちが積み重なって、その上から服を着て人間のように装う、大きな馬のハリボテを作って中から操作する、などのありがちなギャグも、アードマンの映像技術にかかれば新鮮な笑いとなって降り注いできます。

そしてラストの、人間である牧場主と動物たちが絆を取り戻すシーンは、「言葉がなくともわかりあうことはできる」という国際化が進む現在に対してのポジティブでシンプルなメッセージが胸を打ちます。

1時間30分をきるコンパクトな上映時間の中で、無駄がなく伝えたいことをしっかり伝えられている、まさにいい映画のお手本のような作品となっています。ただダラダラと上映時間だけを引き延ばして無駄な「ファンサービス」とやらばかりを挟み込んでくる商業映画にも見習ってほしい姿勢と言えるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 映画レビュー - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。