伊豆一人旅 伊豆高原 八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里 〜到着編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の一人旅は伊豆!

仕事柄、夏の今が私にとっての最繁忙期。重くのしかかる仕事のプレッシャーに、「ああ、もうどこかに逃げたい...」という思いばかりが頭を巡っていました。

そんな中、月一回もらえる2連休はもう目の前。ここで何もしなかったら、自分の夏は疲労感とともに通り過ぎてしまう...

真夏のド平日、旅館で何もせずゆっくりと癒されたい。
そう考えた私が宿の予約を取ったのは、宿泊日の前日!

今回の旅先として選んだのは、伊豆高原にある「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里」です。

ここをチョイスした理由としては、前から評判がよくて行ってみたかったのと、共立メンテナンス系列の宿は適度に放っておいてくれる接客が特徴の一つなので、ひとり旅にはピッタリかなあと思ったからです。

では、いざ出発!

SV踊り子 外観

今回乗車したのはスーパービュー踊り子!

伊豆方面に行ったことがなかったので、この列車に乗るのは初めてでした。外観からしてスタイリッシュでかっこいい!

車内販売

乗車するとそこにはお土産など売っている売店が。
踊り子号をかたどったキーホルダーなど、オリジナルグッズが充実していました。さすがは観光地へ向かう列車ということでしょうか。

SV踊り子 座席

車両の中。座席の色は青を基調にした涼しげなもので、これから向かう先にある海を彷彿とさせますね。

SV踊り子 座席2

私は今回、幸運にも海側のお席を取ることができました。
といってもまあ平日の午後出発だったこともあって電車内はガラガラ。ゆったり快適に読書や景色を楽しむことができて大満足。

そして電車に揺られること、約2時間半...

伊豆高原駅1

やって来ました、伊豆高原駅!

伊豆高原駅2

改札を抜けると、森に囲まれた自然たっぷり田舎の風景と、縁日的な雰囲気がうまく溶け合った、どこか落ち着く光景が広がっています。

足湯

駅の構内には足湯もあったり。

伊豆高原駅3

足湯の近くにある見晴らし台から見た電車のホーム。
田舎出身の私としては、こんな風に自然に囲まれた駅があるということ自体が非常に懐かしく感じます。

伊豆高原駅4

宿への送迎バスが出ている方へ歩いていくと、そこにはお土産屋さんの他に料理屋さん、あとは干物屋さん...だったかな...?
いろいろと珍しいお店もあって、ここだけでもショッピングが楽しめそう。

伊豆高原駅 外観

外から伊豆高原駅を見たところ。
広くて自然がいっぱい! ちなみに駅から歩いて1分のところにはスーパーがあるので、宿へ向かう前にジュースなど買っていくのもいいかも?

そして、送迎バスに乗って約7分...

きらの里

着きました、きらの里!!

駅からはちょっと離れた高台というか、もはや山の中にあるような感覚で、着いた瞬間から空気が美味しいことにハッとしました。

きらの里 フロント

この帳場がフロントのような役割を果たしていて、チェックイン/アウトはこちらで行います。

大浴場や客室はそれぞれ独立した建物の中にあるので、食事やお風呂の移動でちょっとしたお散歩気分を味わえるのが魅力と言えますね。

フロントでチェックインをしたら村内マップをもらって、客室までは自分で移動する形になります。私程度の若造にはこれくらいのほっぽらかし具合が心地よいのですが、客室によっては坂道を登らなければならないところもあるので、荷物を持って歩くのがちょっと厳しいご年配の方にとってはちょっと大変かも?

個居 うみ蛍

そしてこちらが今回の客室!
全客室タイプの中で唯一海が望めるのがこの「個居 うみ蛍」です。

22平米のダブルベッドのお部屋は一人利用にはぴったりで、部屋についているマッサージチェアでリラックスしながら部屋の外の景色を眺められるのは最高の気分でした。
こういう旅館での一人利用だと、部屋が広すぎて逆に落ち着かないことも多いので、これくらいの広さの方が気兼ねせずにくつろげますね。

いったん部屋で休憩したら、次は大浴場へ! その模様はまた次回...

ではまた!
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行記 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する