伊豆一人旅 伊豆高原 八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里 〜お食事編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

きらの里への一人旅、最後はお食事編!

ちなみに到着編はこちら
お風呂編はこちらです。

〜夕食〜

山ぼうし

大満足のお風呂を終えて、お次は夕食!
きらの里では、チェックイン時に2種類のレストランから夕食を選べるようになっています。
一つは海鮮しゃぶしゃぶをメインとした「海つばき」
もしくはお肉と野菜の溶岩焼きメインの「山ぼうし」のどちらか。

私はお肉派なので、「山ぼうし」を選択しました。

前菜

まずは前菜!
メニューは食前酒(この日は梅酒でした)、めんたい蓮根(辛子だったっけ??)、ちょっと変わった豆腐(曖昧...)、なんかのお寿司(ほんとにごめんなさい...)という感じ。
なんか色々曖昧にしか覚えてなくて、本当に申し訳ありません...

量は少なめですが、どれも味付けがちょうどよく、食前酒の梅酒の飲みやすさと相まってとっても美味しかったです。

そしてこの後にスープが続くんですが、食事に夢中になりすぎて写真を撮り忘れてました。ブログを書く人間にあるまじき失敗ですね。すみません...

溶岩焼き

そしてこちらがメインの溶岩焼き!

「溶岩焼き」と言っても、見た目上は普通の鉄板焼きと同じです。鉄板下の温めるものが溶岩なのかな?

肉

こちらがお肉!

牛カルビ、牛ロース、豚カルビの3種類を2枚ずつ。

野菜

こちらが野菜!

焼いていくと...

肉2

うまーーーー!!
タレは焼肉用のタレと塩ダレの2種類で味わえます。

お肉は口に入れた瞬間にとろけそうな甘さ。野菜も甘く優しい味わいで食べやすく大満足です。

鰹粥

その後に続くご飯ものは、3種類から選べます。
私が行った日は、写真の鰹粥と、他は鮭茶漬けと、あとは...豚丼かなんかだったかな...? 本当に覚えてないんです、役立たずですみません。

デザート

ラストのデザートは、グレープフルーツゼリー、羊羹、そしてアイス!
なぜグレープフルーツが写っていないかというと、食べてしまってから写真を撮っていなかったことに気がついたからです。
だって、お食事があんまりにも美味しかったんですもん...

夕食は、男性にはちょっと量が少なめに思えるかもしれませんが、一つ一つの料理が出てくるまでに時間差があるので、だんだんとお腹いっぱいになってくるのでこれくらいがちょうどいいかも。

夕食の提供は担当の方がそれぞれついて持ってきてくれるのですが、料理の出てくるタイミングが「食べ終わるの見てたの!?」っていうくらいちょうどいいタイミングで出てきてくれたことに感激しました。この辺りに宿全体のサービス品質の高さが見て取れますね。

夕食は料理にお酒、どれも美味しくて大満足でした!


〜夜食〜

屋台

きらの里では、22:00〜23:30の間、敷地内の中心地に屋台が登場し、そこで夜鳴きそば(ラーメン)を無料で食べられるサービスを提供しています。


夜鳴きそば

こちらが噂の夜鳴きそば!
量はお店に時々あるハーフラーメンくらいのサイズですが、夜中なのでこれくらいがちょうどいいですね。

具もしっかり載っていて、さっぱりした中に意外なくらいコクがあって美味しい!

夕食を担当してくれた方が言っていたのですが、皆さんインスタントとか業務用だろうと思ってらっしゃる方が多いようですが、実はこれ、ちゃんと出汁などから煮込んで作っているという本格派なのだそうです。

これが無料とは素晴らしい。
22:00ちょうどくらいに行くとかなり混み合っているので、23:00過ぎくらいに行くと空いていていい感じかも?


〜朝食〜

朝食

朝食の会場は、夕食で海鮮しゃぶしゃぶを選ぶと行ける「海つばき」に固定です。
チェックアウトの時間が11:00とゆっくりめなこのお宿では、朝食は7:00〜9:30まで(だった...よね?)までとわりと遅めな時間まで入れます。

メニューは和食と洋食から、夕食の際に担当の方に言ってどちらかチョイスする形になります。
私は今回、洋食を選びました。

メニューは多めで充実!
パン、オムレツ、スープに副菜、さらにはデザートが一括で出てきます。

サラダ

こちらはサラダ!

夕食の時も思ったんですが、野菜が新鮮で美味しい!
まさかここで作っているとかではないとは思いますが、とっても優しい味わいで食べやすいです。

オムレツ

そして宿での洋食といえば! なオムレツももちろんあります。焼き加減が絶妙で美味しい... ついついおかわりしたくなっちゃう美味しさですが、ここはバイキング会場ではないので。無念...


以上がここ、「きらの里」でのお食事でした! 全て量はわりと少なめでしたが、味は間違いなく一級品! 女性にはちょうどいいくらいなんじゃないでしょうか。

「きらの里」は浴槽の数が多い大浴場、3種類ある貸切風呂に美味しいお食事、さらには季節ごとにやっている体験型イベントなど、森の中にいるかのような雰囲気も相まって、家族連れやカップルで来ると非常に楽しめる宿であると思います。

また、私が今回泊まった「うみ蛍」の部屋は部屋も大きすぎず狭すぎず、1ベッドのタイプなので一人旅の方でも来やすいと思います。

ただ、お食事の担当をしてくださった方には、夕食の時の担当の方にも朝食の担当の方にも「一人旅なんですか...?」と恐る恐る聞かれ、「そうです!」と満面の笑みで返したら若干引かれてたので、やっぱり男一人で旅館に泊まるっていうのはまだまだ珍しいんだなあと実感した部分も。

それでも人里離れた雰囲気のこのお宿は、疲れた時にゆっくり考えたりリラックスするのにはピッタリ。
きらの里では宿泊に来ることを「里帰り」と呼ぶらしいですが、今度また機会があったらぜひまた里帰りしたいなあと思える素敵なお宿でした。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 国内旅行記 - Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する